2016年03月 - 「高天原の縁側日記」
FC2ブログ
2016/03/08

「古事記」出雲神話の旅!伊邪那美を祀る『揖夜神社』

今回の古事記、出雲神話の旅は伊邪那美を祀る「揖夜神社」をご紹介します。

今回は 「意宇六社」通称「六社さん」 のうち『揖夜神社』を紹介します。

揖夜神社0

揖夜神社1

揖夜神社3


前出の「黄泉比良坂」のすぐ近くに有ります。



『 伊弉冉命 』(神社記述)をお祀りしています。

先ず注目して頂きたいのが、『狛犬』です。頭を低くして尻尾を上げ今にも飛び掛かりそうな形を「出雲構え」と呼んでいます。

出雲構えの狛犬は「来待石(出雲石)」で作られています。

揖夜神社2


来待石は砂岩で柔らかく加工しやすいのが特徴(風化しやすい欠点も有ります)で、江戸時代に、北前船で日本海側の各地に伝わっています。

揖夜神社和鏡
(和鏡が印象的ですね。)


もちろん本殿には 『 伊弉冉命 』が祀られています。

揖夜神社左


本殿左側には『韓国伊太氐神社』があり、『出雲国風土記』在神祇官社「伊布夜社」、および式内社「同社坐韓国伊太氐神社」に比定される。

祭神は素盞嗚命、五十猛命。

『韓国伊太氐神社』に 素盞嗚命が祀られているのが気になりますね。

高天原は韓国なのかと考えさせられます。

揖夜神社右


本殿右側には『三穂津姫神社』『出雲国風土記』不在神祇官社「伊布夜社」に比定される。

祭神は三穂津姫命が祀られています。

三穂津姫(みほつひめ)は、日本神話に登場する神高皇産霊尊の娘で、大物主神あるいは大国主神の后です。

この三人 (伊弉冉命・素盞嗚命・三穂津姫 )の神様ですが、卑弥呼、その後の和国大乱を招いた男神壱与の繋がりに似てると思われませんか?


同じ神社に祀られているだけで、想像をかきたてられます。

壱与は天照大御神かもしれません。

歴史って面白いですね~。


七夕祭りでは有りませんが、一年に一度 『伊邪那岐』 『伊邪那美』の 二神が出合うと言われる「一ツ石神幸祭」が行われます。

中海の一ツ石と呼ばれる石の上で二神が一年に一度出会われるそうです。

【穂掛祭・一ツ石神幸祭】
8月28日に行われます。

前日27日に神職たちは中海の袖師ヶ浦で禊をしたあと、社務所で甘酒や焼米などの神饌を作る。

当日には午前中の祭礼の後に用意した神饌を境内75箇所に奉る。

午後からは中海500m沖合にある禊場「一ツ石」まで神輿を舟に載せて運んで行き、海の安全と豊漁をお祈りする「一ツ石神幸祭」が行われています。

いつも応援ありがとうございます。
歴史って本当に面白いですよね~!
今後もランキングにはこだわって良い記事をUPしたいと思います。はげみになりますので宜しくお願い致します(^人^)
下の日本人気ブログランキングバナー・ブログ村の日本史バナー・FC2ブログランキングバナー「ポチっと」と、クリックして頂けましたら嬉しいです。
👇




関連記事
  
2016/03/07

但馬に来んせえ!『竹田城』山開き!

竹田城が3月1日から公開される予定でしたが、寒波襲来のために延期されてしまいました

3月4日の新聞で公開されたと知り、皆さんにぜひお教えしたいとUPしました。

兵庫県朝来市和田山町竹田の国史跡・竹田城跡で3日、積雪(1日には30センチも積もったそうです)のため1日から延期されていた山開きがありました。
城跡一の眺望ポイントとされる天守台や本丸が2年3カ月ぶりに公開されました。

b_08849974[1]
(雪の竹田城も素敵ですね)




いつも応援ありがとうございます。
歴史って本当に面白いですよね~!
今後もランキングにはこだわって良い記事をUPしたいと思います。はげみになりますので宜しくお願い致します(^人^)
下の日本人気ブログランキングバナー・ブログ村の日本史バナー・FC2ブログランキングバナー「ポチっと」と、クリックして頂けましたら嬉しいです。
👇





関連記事
  
2016/03/06

J.F.ケネディも尊敬した日本の政治家、米沢藩藩主『上杉鷹山』

『漆の実のみのる国』を紹介します。

まずその前に、J・F・ケネディご存知ですよね、アメリカ35代大統領です。JFKと短縮記憶していませんか?ジョン・フィッツジェラルド・ケネディが本名なんですよ、知っておられましたでしょうか?。

1961年、第35代米国大統領に就任したJ・F・ケネデ ィは、日本人記者団からこんな質問を受けました。

「あなたが、日本で最も尊敬する政治家はだれですか?」

ケネディはこう答えました。

「上杉鷹山(ようざん)です。」記者の誰もが「上杉鷹山」を知らなかったといわれています(そんなわけ無いだろうとも思いますが)。

この話が、「言った」「言わない」で、都市伝説の様になっていましたが、2013年11月、娘のキャロライン・ケネディ駐日大使が、「父が、米沢藩の名君上杉鷹山を尊敬していて、あの有名な就任演説、国が人民になにができるかではなく、貴方が国家に対してなにができるか考えてほしい!のスピーチ作成に影響を与えました。」と発言して、都市伝説に終止符が打たれました!

『上杉鷹山』と言えば 「なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成らぬは人のなさぬなりけり」
(どんなことでも強い意志を持ってやれば必ず成就する)
の名言で有名ですよね。

本書「漆の実のみのる国」は、財政に窮乏し、風紀は乱れ、亡国の危機にある米沢藩(江戸時代は藩という呼び方は無く、出羽米沢上杉領等と、言っていた筈ですが、上のキャロライン駐日大使のスピーチと、本書中で米沢藩と使われているのでそれに倣います)を再興するべく、上杉治憲(鷹山)と重臣たちの苦闘を描いた藤沢修平の絶筆となった歴史小説です。

藤沢周平といえば、映画なら山田洋次監督の「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」「武士の一分」が有名ですよね(三本共によい映画でした)。

しかしここでは、本で是非読んで頂きたいと思います。


漆の実のみのる国


【あらすじ】

江戸時代中期、上杉重定の治世。

米沢藩は貧窮し、藩政は重定の寵臣森平右衛門の独裁状態に有りました。

江戸家老竹俣当綱は森を暗殺しますが、重定は悪政を続けます。

その後、治憲(後の鷹山)が藩主となり、竹俣らを重用した大改革を始め、七家騒動、天明の飢饉などを経ながら藩財政を再建していくお話です。



内容については、史実部分は、正確なので堅苦しく感じられますが、対照的に、財政難との苦闘を描いた物語部分は、いつもの藤沢修平らしく柔らかで、この二つが明確に分かれた構成は読みやすかったです。

この精緻な史実と苦闘の物語は、この頃の米沢藩が置かれている非常に厳しい状況を目の当たりにさせられますが、暗さは感じられず、充分に魅力的な作品でした。

【内容についてもう少し詳しくお話しましょう】

物語は、日向高鍋藩から、米沢第八代藩主・重定の養子にきた直丸(上杉治憲)十二歳の頃から始まります。

この頃の米沢藩は、過去の減封(上杉謙信時代最大、250万石有ったといわれた国高は、上杉景勝の会津転封で120万石に、関ヶ原後米沢転封で30万石に、その後米沢藩3代綱勝が子供の無いまま急死、綱勝の妹富子と高家の吉良義央との間に生まれていた当時2歳の綱憲を末期養子としたことで15万石へと減封されます。)や藩主の奢侈によって、財政はすでに窮迫し、家中や領民への過酷な税の取り立ては、士風の乱れを招き、農村も荒廃していました。

これ等財政難の原因を、藩主・重定の奢侈と、寵臣・森利真の驕奢にあると考えた、竹俣当綱ら四重臣は、森の誅殺、および藩主隠退に成功します。

藩世子素読師範を勤める藁科松柏が、その明敏さと仁慈を見出していた直丸は、十七歳で家督を継いで、治憲と名乗ります。

新藩主となった治憲は、早々に大倹令と呼ばれる、普段着や食事の量までも規定する経費削減策を打ち出します。

しかし家中の謙信公を祖とする大国の格式、体面が顔を出し、保守派の抵抗は厳しく、隠退した前藩主・重定の協力によって、ようやく大倹令は執行されます。



しかし上杉家中に根を張る『大国意識』という病魔は、改革を阻む要因として、それからも大きく横たわることになります。

それ以後、保守派の重臣による家老竹俣当綱や近習・莅戸(のぞき)善政ら改革派排除を訴えた七家騒動、竹俣当綱を中心とした三木(漆、桑木、楮)各百万本植立てによる収入倍増計画の失敗、志賀祐親の財政再建失敗、更に追い討ちをかける天明の飢饉、懸命の財政再建計画が、ことごとく失敗に終わっていく様子が描かれます(いい加減に止めてくれ~と叫んでしまいます)。

治憲が、いつまで我らを苦しめるのですか、と天を仰ぐ記述が大きく印象に残るほど、いつ明けるともしれない漆黒の闇は深く、報われない改革は、読んでいてとても辛いです。

このような財政難との苦闘ばかりで、辛いだけの物語でも、満足感や充実感が得られたのは、闇の中にも微かな光を感じられるからかもしれません。

まず享楽好みで暗愚とされた前藩主・重定の存在が有ります。

享楽に変わりないものの、隠居してからは養子である治憲を実の子のように扱う暖かさと、幾度も治憲の危機を救う力強さが描かれ、保守派重臣の抵抗の中にあって非常に頼もしい所を見せてくれます。

また商人との資本、借財交渉や収入倍増計画など前期改革を力強く推進した竹俣当綱の存在も大きい、改革への逆風が吹く中、強引に突き進んでいく人物は頼りになります。

改革は実らなかったものの、彼がいたからこそ当面の危機を乗り越え、改革の芽が育ったのでしょう。
 
そして力を入れた学問所から輩出された人材の数々本書を読むと治憲一人の英邁さだけでは、米沢藩の再興はできなかったことがよく分かります。

彼を補佐する優秀な人材がいたからこそ藩は立ち直る兆しを見せ始めます。

藩の困窮を救うはずだった漆の実とは、優秀な人材だったのではないでしょうか。

それにしても、長い辛苦の中に見える未来への光が感じられたにもかかわらず、彼らの苦闘が報われ、藩の窮乏から脱する様子が描かれていないことは残念でした(著者の病魔がそこまで来ていたのでしょう)。

物語の終わりは、三十七章、隠居から再び執政入りした莅戸善政が、藩政改革から殖産振興に至るまでを示した、十六ヶ年組立と呼ばれる改革案(寛三の改革)を治憲に提出するまでを描き、鷹山と改名した治憲が、漆の実が藩の窮乏を救うという心躍った過去を思い返すところで幕が閉じられています。

解説によると、この三十七章が原稿用紙六枚分で終わっているのは、これが著者藤沢周平最後の原稿だからだそうです。
本来なら、あと四十から六十枚の予定だったといいますから、著者は光を浴びた米沢藩を描きたかったに違いない、と解説されています。

いつも、素晴らし本に出会うと、是非家族に読んでもらいたいと思うのですが、この本は現代の政治家にも、必ず読んで頂きたいと思います。

政治活動費での支出も許可しますが如何でしょう(笑)?

いつも応援ありがとうございます。
歴史って本当に面白いですよね~!
今後もランキングにはこだわって良い記事をUPしたいと思います。はげみになりますので宜しくお願い致します(^人^)
下の日本人気ブログランキングバナー・ブログ村の日本史バナー・FC2ブログランキングバナー「ポチっと」と、クリックして頂けましたら嬉しいです。
👇




関連記事
  
2016/03/01

誰にも負けない『至高の卵かけご飯』はこれだ!

皆さんに私の『贅沢卵かけご飯』を食べて頂きたくて書くのですが、作り方の前に少しお付き合い下さい。

最後まで読んで頂いた後に食べる、卵かけご飯の味は至高の味と保証します。

卵の値段って私が子供の頃(1962年生まれ寅年ですが)からほとんど変わらないですよね、皆さんもそのように思われませんか?

物価は高くなっているのに、なぜ卵の値段はあまり変化がないか、不思議に思われませんか?

いくつか理由が有るのですが、まず円高によって輸入飼料の値段が下がった事が大きいです。

古い話ですが、戦後1947年に為替レートは1ドルに対して360円の固定相場でした。

1973年に変動相場に移行すると、日本経済の成長と共に円高が進み現在は1ドル110円位(今日113.06円)に成っています。

鶏卵の経費の内で、一番多くを閉めるのが、6割におよぶ飼料費ですから、200円のワンパックとして、120円の飼料費ですよね、それが円高によって7割ダウンしたのですから、鶏卵業者は利潤が増えて、大儲けしたと思いませんか?

それがそんなに美味しくはいかないのです。

ここで、自由主義経済の基本を考えてみましょう。

円高によって飼料費が安くなり、儲け幅が広がった鶏卵業者ですが、利潤を更に多くするためには、卵を多く売らなければなりません。

しかし、消費量はどうでしょう?一人が食べる卵の数は、精々1日1個平均だと思いますし、日本の人口を考えても、1億2681万個(2月1日現在)有れば充分ということことになります。

つまり、卵を産む鶏の数(1日1個産む鶏として)も日本の人口と同じで充分ということなります。

鶏の数を増やすと、需要と供給のバランスが崩れ、価格崩壊に繋がり自分達の首を絞めかねませんし、卵を安くしたからといって、消費量が大きく変わることは有りませんから鶏卵業者さんは、大儲けしたくても鶏を増やすことも出来ないし、卵の叩き売りも出来ず、大儲けも出来ないのです。

この微妙なバランス関係で、鶏卵の値段は数十年間に渡り大きく変わらないで来たのです(長々のお付き合いありがとうございました)。

【ここからが本題です】

ここでやっと贅沢卵かけごはんの作り方と、凄さの説明なのですが、現在卵の価格は、おおよそワンパック200円!卵一つ20円ですよね。

この値段が、贅沢この上無いにも関わらず簡単に食す事が出来る秘訣なのです(長々と前置きしたのもこのためです)。

本来卵の旨味は黄身に殆んど集中しているのです。

勿論、白身も好きと言われる方も居られるでしょう。

しかしながらここでは、是非私の意見に従って、調理?して食して頂きたいと思います。

【贅沢卵かけごはんの作り方】

まず卵を二つ用意します。

赤色をお勧めします。

私見ですが白(あっさりが好きな人はこちら)に比べて卵黄の味が濃くて卵本来の味が良く出ると思います。

贅沢卵かけごはん1


熱々のご飯に、卵を割り入れるのですが、この時白身は棄てて下さい(勿体無いと思う方は、メレンゲにでも、あるいはボディービルダーの様な体作りに使ってください、笑)。

贅沢卵かけごはん2


黄身だけを二つご飯にのせて、お醤油でも、専用ダレでも結構なので、かけてかき混ぜると、10倍!美味しい卵かけごはんの出来上がりです。

何が贅沢かって?

普通は一つしか使わない卵を二つも使うのです。

それも卵黄だけです。


贅沢卵かけごはん3(器は出西・袖師・丹波です私のこだわり笑)


黄身だけを倍も使うにもかかわらず、お値段はプラス20円の40円!

強者の方は三つにもチャレンジしてください。それでもお値段60円。



牛丼屋さんの肉ざらを想像してください、並み牛丼に肉ざらを追加して、玉ねぎを除去して食す事が、いかに贅沢かお分かりでしょう。

それが、卵ならたった20円足すだけでかなうのです。

初めて試した『贅沢卵かけごはん』の美味しい事といったら(笑)。

是非至高の味をご賞味下さい。

いつも応援ありがとうございます。
歴史って本当に面白いですよね~!
今後もランキングにはこだわって良い記事をUPしたいと思います。はげみになりますので宜しくお願い致します(^人^)
下の日本人気ブログランキングバナー・ブログ村の日本史バナー・FC2ブログランキングバナー「ポチっと」と、クリックして頂けましたら嬉しいです。
👇




関連記事