私のおすすめ本ベスト100! - 「高天原の縁側日記」
FC2ブログ
2015/12/26

「漫画故事成語」を読んで頂きたい。

鳥取県境港市の観光協会の職員さんが書かれている(それだけでびっくりですが)「漫画故事成語」がお得感一杯でお薦めです。

故事成語

故事とは中国に昔有った出来事のことで、成語は、個人が後世の為に引用した格言です。

例えば、「呉越同舟」「背水の陣」「泣いて馬謖を切る」「矛盾」「四面楚歌」等よく使っているけど本来の意味は?言葉の成り立ちは?いかがですか?

以前米子市に単身赴任していて、この本の存在を知りました。

協会の女性職員さんが書いておられます。

当初は米子市の自衛隊の広報に4コマ漫画を書き始めたのがきっかけと聞きました。

今では、中学校で教材に使われている所も有るそうです。

ネットで調べるともう四万部も売れています(凄い)!

お得感一杯と書きましたが、何がお得だと思いますか?実は、この本税込216円です(笑)どうですか?お得だと思われませんか?

改めて調べると144話(38話増)に増えた改訂版が324円で出版されててました(それでも十分お得)。

観光協会のホームページを入れておきますね。
境港観光協会(観光案内所)

是非読んでみて下さい。お薦めします。

いつも応援ありがとうございます。
歴史って本当に面白いですよね~!
今後もランキングにはこだわって良い記事をUPしたいと思います。はげみになりますので宜しくお願い致します(^人^)
下の日本人気ブログランキングバナー・ブログ村の日本史バナー・FC2ブログランキングバナー「ポチっと」と、クリックして頂けましたら嬉しいです。
👇




  
2015/12/19

日本人なら是非『古事記』を読んでもらいたい。

薦めるも何も、日本人なら是非『古事記』を読んで頂きたいと思います。

皆さんの日本人としての原点が、全てその中に書かれている本です。
古事記

古事記は日本書紀と並び称され、2つで『記紀』と言われますが、この2つの物語の違いについて少しだけ説明しておきます(私は理系で、専門では無いので間違えていましたら訂正してください)。

『古事記』ですが、712年に編纂完了!天武天皇が編纂を太安万侶に命じ、 俾田 阿礼の記憶話を書き写したもので、日本語原語の音を漢字に当てはめた歴史書です。

つまり、天皇(大王)の国内統治の正統性を示すための国内向けの記録です。

これにたいして『日本書紀』ですが、それより遅れること8年720年に上奏され、漢文で書かれ、国外(当時は中国や朝鮮半島)向けと成っています。

日本書紀は都合の悪い処は書き換えられたり、削除されたりした形跡があるのに対して、古事記は日本人のおおらかな原点が、そのまま全面に出た、素晴らしい物語だとおもいます。

日本人は何処から来たのか、神話とは何なのか?なぜこんな言い伝えが残ったのか?などなど、色々な仮説や想像を誰もか書き立てられる、ミステリーの宝庫です。

私が出雲に何度行っても飽きない理由も、古事記に有ります。
古事記の神話部分の6割が出雲のお話です。
出雲には神々の足跡が多く有るんです。


もちろん本で読んで頂きたいですが、関連本も数多く出版されていますのでそちらも楽しめますよ。
ボールペン古事記
ボールペン古事記(漫画)も良く書けていておもしろいですよ。

是非とも一度読んでみてくださいね。

いつも応援ありがとうございます。
歴史って本当に面白いですよね~!
今後もランキングにはこだわって良い記事をUPしたいと思います。はげみになりますので宜しくお願い致します(^人^)
下の日本人気ブログランキングバナー・ブログ村の日本史バナー・FC2ブログランキングバナー「ポチっと」と、クリックして頂けましたら嬉しいです。
👇





  
2015/11/24

ホームレス雲水・ドイツ人住職「ネルケ無法」を知ってるか?

お薦めベスト100!に入った次の本は~(^^)d

今年、私に一番影響を与えたであろう、本と人物は 『ネルケ無方』さんとその著書全てです。

体と心を病に侵され、リハビリを兼ねて、寺社仏閣巡りや登山を始めた事は、以前にも書きました。

心を病んで、死への階段を一歩、又一歩登るような日々、入院を決意し、3ヶ月の入院、退院した2010年4月7日から今年迄の5年は、自分自身の心との戦いの日々でした。

自身の人生とは何んだったのか?

進むべき道は在るのか?

会社は受け入れてくれるのか?

家族は?

悩み、考え、落ち込み、少しだけ山々の自然や神社仏閣に癒されて、また悶々と悩む日々を送っていました。

そんな時に出会った、無方さんの本を読んで、『ガーン!』ハンマーで殴られたような衝撃で目覚める事が出来ました。

無方さん著書

無方さんの本には『仏教は死んで仏になる宗教では無い!』えっ!
『生きている内に如来(覚醒した者)になる宗教である!』何だと!
つまり仏教とは『いかに生きるかを学ぶ教えだ!』と書かれていました。

更に『葬式仏教は本来の仏教ではない』という言葉が、成る程~と、心に響いたのです。

『ほっといても勝手に死ぬ、それより今を一生懸命に行きることだ!。』
そうです!これが私が追い求めていた答えだったのです。

無方さんは、ドイツ人でドイツで禅に出会い、来日して大阪城でホームレス雲水として修行され、但馬温泉町山奥の、安泰寺(曹洞宗)で住職として、自給自足の生活をされながら、座禅三昧の人生を送られているそうです(因みに、寺の公用語は、修業者に外国の方が多いので、英語だとか)。

こんなに分かりやすい仏教の本はないと思います。

最初の『迷える者の禅修行』は私小説としても面白く読めますし、第二作『迷いは悟りの第一歩』は仏教だけでなく、キリスト教、ユダヤ協、イスラム教等との比較も分かりやすくて仏教を理解するには最高の一冊です。

成る程、確かに、そうだったのかの連続!

一月間に六冊も読んでしまいました。

私は今年、無方さんの本を読んで、新しい自分を踏み出す決心をすることが出来ました。

無方住職にはまだお会い出来ていないので、来年の新緑の季節にでも(安泰寺の場所は但馬でも一番の豪雪地帯です)、お伺いしたいですね。

貴方の人生も変わりますよ!是非読んでみてください。

いつも応援ありがとうございます。
歴史って本当に面白いですよね~!
今後もランキングにはこだわって良い記事をUPしたいと思います。はげみになりますので宜しくお願い致します(^人^)
下の日本人気ブログランキングバナー・ブログ村の日本史バナー・FC2ブログランキングバナー「ポチっと」と、クリックして頂けましたら嬉しいです。
👇




  
2015/11/16

『読んで絶対後悔しない』私の薦め本 Best100!

『読んで絶対後悔しない』私の薦め本 Best100!

私が、子供達家族や妻、そして皆さんに、是非読んで頂きたい本を100冊選んで紹介するコーナーです。

100冊を越えた場合は、順位は付けていないけど、1冊心を切ってけずりますよ~(T^T)

まず最初の1冊は!

アレクサンドル・デュマ・ペール原作の!
「モンテ・クリスト伯」です!
モンテクリスト伯
キャスターの小宮悦子さんがテレビ番組の中で、一番面白くて大好きな小説と、力説されていたので、読んでみました。

モンテクリスト伯は岩窟王の名前で子供の頃に読んだことの有るお話でした。

それなのにもかかわらず、ピンと来なかったのは、実は、この本?にトラウマが有って、一度しか読んでいなかったのです。

その本は、少年少女世界文学全集で、両親が定期購入してくれていたものです。

毎月楽しみにして読んでいたのですが、岩窟王と一緒に、1冊に納められていた、ジャンヌダルクがかわいそう過ぎて、読めなく成ってしまったばかりか、怖くて見るのも嫌と、本棚の見えない所へ隠してしまっていた位の、トラウマになってしまったのです。

ジャンヌダルクは、英・仏の100年戦争を終わらせるきっかけを作ったにもかかわらず、最後には、異端の疑いで裁判に掛けられて、19歳の若さで、火炙りの刑で死んでしまうというひどいお話でした。

私のトラウマ話はさておき、モンテクリスト伯は、文庫本5冊に及ぶ大作にもかかわらず、読む手が止まらない面白さ、ドキドキ、ワクワクの復讐劇が、貴女方の心を捕らえて離さない事請け合いですよ!決して子供本では有りません。

そして最後は~!ここまでですよね。

映画やSFアニメーションにも成っていますが、やはり本を読むのが一番です。

活字離れが進む中で、もう一度本を読む愉しさを思い出させてくれる1冊です。

是非、大スペクタクル小説を読んで下さい!

いつも応援ありがとうございます。
歴史って本当に面白いですよね~!
今後もランキングにはこだわって良い記事をUPしたいと思います。はげみになりますので宜しくお願い致します(^人^)
下の日本人気ブログランキングバナー・ブログ村の日本史バナー・FC2ブログランキングバナー「ポチっと」と、クリックして頂けましたら嬉しいです。
👇