2016/04/12

ちょっと一息小ネタ「あのべた踏み坂」を紹介(^O^)

かなり前にブームが過ぎてしまっているのですが、美保神社から松江へ向かう途中で見つけたので、本当に小ネタで申し訳ないのすけれどm(__)m

鳥取県境港市と島根県松江市を結ぶ『江島大橋』が脚光を浴びているそうです。



火付け役は豊川悦司・綾野剛のお二人がが出演しているダイハツ「タントカスタム」のCM、その急勾配ぶりから“ベタ踏み坂”とも呼ばれ、走行目当てのドライバーが急増している様です。
「鬼太郎の町(大ファンの、水木しげる先生にはお悔やみを申し上げます)」境港出雲大社を訪れた観光客たちも訪れ、ジェットコースター体感を満喫している様です。

べた踏み坂

CMで一躍有名になった“(アクセル)ベタ踏み坂”江島大橋ですが、当初は「あれは絶対CGで作った映像に違いない」と言われていたようです。
私は、CMが始まった時、どこかで見た橋だなと感じたんです。
最初は境港と島根半島を結ぶ、境水道大橋だと思ったのですが、ちょっと違うなと感じて、もしやと寄り道してみました(ピンポーン!笑)。
江島大橋の全貌は、全長1,704メートルで最大勾配は6.1%。数字からは大した傾斜のように思えないかもしれませんが、実際に目にすると誰しもが、その天空へと延びるかのような傾斜に「びっくりぽん」(これも先日終わってる!)なのです。

走行(登った)した感想ですが、私の軽自動車日産MOKOではべた踏みしてもなかなか登りませんでした(涙)。
さらに山陰海沿いです。冬の凍結を考えると怖いです~!

お話が変わりますが、ブログ来場者(カウンター)?が1000人をこえました。
下手な文章を、読んでくださった皆さん、本当にありがとうございましたm(__)m。

お礼の後に僭越ではございますがブログ友達募集中ですf(^^;。
ブロ友に成って頂けると嬉しいです。
さらに身勝手なお願いなのですが、相互リンク貼らしていただける、お優しい方がおられましたらお願いしますm(__)m。

好きなものは、歴史(日本史、日本文化)、神社仏閣巡り(御朱印集め)、陶芸(その他民芸品)、読書(歴史物が多い?)、ハイキング登山(自然)、料理(グルメ、食べる方も含めて)、スイーツ、絵画や映画、動植物その他(興味を持った物)等、多趣味すぎなんですけれど、ブログ初心者なので(やっと6ヶ月続きました)色々教えて頂きたいです。
宜しくお願いいたします。

ランキング登録しています。お立ちより記念に「ぽちっと」クリックお願いします。
👇👇👇👇👇👇
ブログランキングならblogram



  
2015/12/12

日本一の斬られ役『福本清三』さんの大ファンです♪

皆さんはご存じでしょうか?「5万回切られた男]日本一の斬られ役、福本清三さんを!

近頃は、主役映画「太秦トワイライト」でモントリオール映画祭主演男優賞を取られたり、教科書に載ったりと、有名になられましたが、30年近くファンの私は、この人気を喜んでいるのですが、戸惑いも有ります。

時代劇を見ていてふと気が付いた、眼光の鋭い俳優さん。

主人公に斬られて、派手に倒れる助っ人浪人!
いつも「先生~先生~!」の、やくざ者の掛け声で現れて必ず、アッサリ斬られてくれる。
細面の顔にこれでもかという、目の回りのメーキャップ!食い積め浪人そのものの先生、時には出演時間1秒だけだったり、顔が半分画面から切れていたり、後ろ姿だけの時も有りました。

それでも先生の姿は、すぐに発見出来て、私の心を捉えて放さないのです。

先生のお名前を初めて知ったのは「徹子の部屋」に、北野誠さんが出られた時に、誠さんがファンだと言われて登場された時でした(探偵ナイトスクープの企画だった?)。

アッ!この人!先生だ~!

福本清三さんと名前も分かり、但馬は香住の出身(同郷じゃないですか)で東映の大部屋俳優さんだと知りました。

それから30年近く?定年退職されて、もう見る機会が少なくて、とても残念です。

ハリウッド映画「ラストサムライ」等で注目をあびられ、少し?有名に成られたので、昨年太秦映画村に行ったときにはもう当然ですが、お姿は拝見出来ません。

辻斬り指南等、の町中のイベントにも、以前なら出られていたはずなのに、颯爽と屋敷から風を切って出てこられる、格好良すぎるクリアファイルも、もう売っておりませんでした(残念過ぎます)。

「どこかで誰かが見ていてくれる」「おちおち死んでられまへん」の本も買って読みました。
福本清三
時代劇その物が少なく成り、京都物の現代劇に、時々チラリと出られていますが、やはりファンとしては、時代劇で見てみたい!

もうお年も召されていらっしゃるので、川に落ちるシーンは無理としても、あの海老ぞり斬られ死に?、が見たいんですよね。

地道に、自分が輝かず、縁の下を支えて、自分を殺して、主役を立てて、それだけを一生の仕事と考えて、一生懸命頑張る。

今の日本人に無くなってしまった、心をお持ちちだなと、そして私や北野さんの様に、そんな一途な人を何処かで、必ず見ている人がいる事を、現代の若者にも解ってもらいたいと思います。

『福本清三』さん、これからも長く、健康で、渋い演技を期待していますので、頑張って下さい。


にほんブログ村
  
2015/10/24

素敵な和紙ランプはいかが?私のお薦め!

私のお薦めを紹介するコーナーの第1回です。

気に入った物、人、etc、何でも紹介しちゃいます。

今回は、素敵な和紙のランプを作りましたので紹介します。

先日TVを見ていると素敵なランプが映っていて、ひと目で気に入ったので、早速取り寄せて作ってみました。

其では、『市郎右衛門』の日本歴史ブログをお楽しみくださいね(人´ω`*).☆.。
ブログランキングならblogram
👆絶賛ランキング参加中!四つのバナータグを「 ぽちっと」クリックして応援お願いします。
|o´艸)。oO(Thank you)。

バナーをクリックしますと、ランキングページに移動します。そこで慌てないでくださいね~!有難いことに現在、市郎右衛門のブログは、皆さんのお陰でランキングTOP10にINしておりますので、「高天原の縁側日記」をもう一度クリックして頂きますと、元のブログに戻ります(^人^)。




鳥取県伝統工芸品、因州和紙と明かりを融合させたランプです。
遊楽隣工房(ゆらりんこうぼう)さんの和紙明かりお試しキットです。

流木の間に葛のつるを使ってランプを作ります。

今回は流木の物にしましたが、葛のつるだけのランプも素敵ですよ、ホームページで確かめて下さいね。
yurarinn.jpg
いかがですか、不器用な私でも、キットだと二時間程度で作ることが出来ました。

DVDもついていて丁寧な説明もあるので自作も出来ると思います。

次はもう少し大きいものに挑戦してみます。

歴史って本当に素敵ですよね~!
今後もランキングにはこだわって良い記事をUPしたいと思います。はげみになりますので宜しくお願い致します(^人^)
下の日本人気ブログランキングバナー・ブログ村の日本史バナー・Blogramバナー・FC2ブログランキングバナー「ポチっと」と、クリックして頂けましたら嬉しいです。

ブログランキングならblogram