2016/01/09

やっぱり一月七日は『七草粥』でしょう!

一月七日のお話しです。

朝仕事をしていてふと思い出した!

今日は7日『七草粥』だなって。

それでは、『市郎右衛門』の歴史ブログをお楽しみ?くださいね(人´ω`*).☆.。
ブログランキングならblogram
👆絶賛ランキング参加中!四つのバナータグを「 ぽちっと」クリックして応援お願いします。
|o´艸)。oO(Thank you)。

バナーをクリックしますと、ランキングページに移動します。そこで慌てないでくださいね~!有難いことに現在、市郎右衛門のブログは、皆さんのお陰でランキングTOP10にINしておりますので、「高天原の縁側日記」をもう一度クリックして頂きますと、元のブログに戻ります(^人^)。

CROOZ


せり、すずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、なずな、すずしろ、春の七草

5、7、5、7、7で覚えると覚えやすいと母に教わりました。

子供の頃は母や祖母と畦道を探したりしました。

なずなとすずしろは形の違いと思ってました(笑)
七草

すべて集まらなくても良かったけど、今はスーパーのパックで全て揃ってしまうのがむしろ残念かもしれませんね。

起源は中国の「人日(じんじつ)」により当初は宮廷で行われ、貴族社会から庶民に広がったようです。

「枕草子」にも「七日の若菜」の記述があるようですが、当時は羹(あつもの)と呼ばれる汁だった様子、室町時代ごろから粥に変化したとのことです。
七草粥

本当は子供たちと、家の周りで探したいと思うのですが、付き合ってはくれないでしょうね(笑)
このような、日本文化の伝統は、できるだけ子供たちに引きついでいきたいと思うのですが、私の考えの押し付けはいけないのかもしれませんね。



にほんブログ村

コメント

非公開コメント