2016/02/02

楽しくて夢中になった『寺社仏閣巡り御朱印の旅』③

久々の③になりました。日にちを開けて申し訳ありません。

次に、お詣りの着衣ですが、それほど気にしておりません。

特別なお詣りでなければ、ラフなスタイルでも問題ないと思います(私見です)。
鳥居や門をくぐるるとき、お祈りの時には、帽子を脱ぐのは当然ですが、それ以外では、常識の範囲内であれば良いと思います。

私のこだわりは、お寺巡りはネットで購入した輪袈裟(宗派によって違うのでオールマイティな物)を掛けております。神社に参拝する際には、島根玉造の碧玉(深みのある青緑の勾玉)のネックレスを着用することにしています(笑)。

碧玉


わげさ

四国霊場八十八ヶ所巡りのバスツアーでは一回目と二回めは一番札所『霊山寺』で、お遍路装束全てを、揃えられる様になっていますが、これも気持ちの問題で、ネットでの購入の方がお得な場合が多いと思いますし、ファッションにこだわらなくても良いと思います。

しかしながら、こだわりたくなるのが、人間の性ですよね、私が御朱印集めに夢中になるのも、こだわりの表れです。

こだわりについて、天台宗、真言宗、浄土宗、禅宗等の仏教宗派では、『盤若心経』の中で「色即是空、空即是色」の言葉を用いて、深遠なる「空」の境地を説いています。

般若信教
(本当に心があったまります)
それまで、小乗仏教(古典仏教)がこだわり説いてきた煩悩克服の教えに対して、「一切のさこだわりを持つな」と教えています。
煩悩を克服しようと執着する心(ここの所大事ですね、解脱を求める心そのものが煩悩なのですから)を捨て、こだわりのない心を持ったなら、おのずと「空」の境地が開けてくると説明しています。

これこそが真理であり、一切の苦しみから解き放たれる道であると教えています。小乗仏教の教えの対極にあって、しかも出家僧だけでなく、衆集「全ての人々」に向かって説かれたことから、革新的な概念であり、大乗仏教の根本経典となっています。


難しく成りました。つまり、私の私見ですが、続けて満願成就することが大事ですから、文不相応にお金を使う必要は無いということです(簡単過ぎ、笑)。

またまた、また(笑)④へ続きます。

ランキング登録しています。お立ちより記念に「ぽちっと」クリックお願いします。
👇👇👇👇👇👇
ブログランキングならblogram

コメント

非公開コメント