FC2ブログ
2017/11/15

「石田三成」挙兵、伏見城を落として『大垣城』へ進軍す。

今日は、関ヶ原の戦い前夜の「石田三成」と「徳川家康」双方の動きを説明しながら、西軍の拠点となった『大垣城』をご紹介します。ドキドキしますよね~じわりじわりと近づいてくる感じがしますね~。

「大垣城」は、岐阜県大垣市郭町にあった平城です。麋城(びじょう)または巨鹿城(きょろくじょう)とも呼ばれます。現在の「大垣城」はけして大きなものではありませんが、水郷の町大垣というように、本丸と二ノ丸のまわりを河川を利用した堀で囲んだ惣構の城です。

PA140392.jpg(先の大戦で燃え落ちた天守を再現しています。)


大垣城は織田信長が岐阜を掌握した後は、賤ヶ岳の戦いに勝利してこの地域の支配権を獲得した豊臣秀吉により、1583年(天正11年)に池田恒興が(所領15万石)城主となりました。翌1584年(天正12年)に小牧・長久手の戦いで恒興が戦死すると息子の輝政が継ぎましたが、さらに翌年の1585年(天正13年)に輝政が岐阜城主になると、代わって田中吉政(秀次近侍)・中村一氏(近江水口岡山城)・堀尾吉晴(近江佐和山城)・山内一豊(近江長浜城)らとともに秀吉の甥・豊臣秀次(近江八幡山城)の宿老に任命された「一柳直末」が、3万石を領して大垣城主に成りますが1586年(天正13年)11月29日(旧暦)(1月18日)の天正地震で城は全壊焼失してしましました。

1588年(天正16年)に一柳直末によって、若しくは 1596年(慶長元年)頃、伊藤祐盛が城主の時に改築が行われ、天守が築かれたとされています。天正18年(1590年)の小田原征伐で功を挙げたことから伊藤盛景が城主となり、1599年に盛景が死ぬと子の伊藤盛宗があとを継いでいます。

そして1600(慶長5年) 年、関ケ原の戦いに向かいます。

それでは、『市郎右衛門』のブログをお楽しみください。

絶賛ランキング参加中!二つのバナータグを「 ポチっと」クリックして応援お願いします。
|o´艸)。oO(Thank you)。

バナーをクリックしますと、ランキングページに移動します。市郎右衛門のブログは、皆さんのお陰でランキングTOP10にランクインしておりますので、「高天原の縁側日記」をもう一度クリックして頂きますと、元のブログに戻ります(^人^)。又PCの片方は、Ctrlを押しながら「ポチっと」上のバナーを押していただけますと、ブログから離脱せずに応援していただけます。

【三成挙兵す!伏見城を攻略すると共に畿内を平定。】

PA140372.jpg
(石田三成が1600年に本陣とした大垣城です。)
PA140379.jpg(復元城門、腰曲輪の櫓と合わせて国宝だったそうです。焼失前!)
PA140383.jpg(平成22年に改修が行われて綺麗になってます。北東櫓、民家と近いね~。)
PA140386.jpg(城としては、小さいですが右下の地図を見ると以前の、大きさが分かりますね。)
PA140472.jpg(大垣市指定史跡、説明版も得意になってきたかな?)
PA140452.jpg(茶色にぬられている部分が再建部分です。本丸周囲は堀ですが今はありません。)
PA140437.jpg(公園側から再建された門を眺める。ぴかぴか~!)
PA140491.jpg(河川をうまく利用して堀に成っています。こちらも外堀の残りです。)
PA140490.jpg(大垣は、芭蕉が曾良と別れた場所としても有名ですね。)

1600年(慶長5年)7月5日、宇喜多秀家が豊国社で出陣式を行い(『舜旧記』)、これに高台院(秀吉妻ねね・おねとも)は側近の東殿局(大谷吉継の生母)を代参させています。 7月11日、三成は東軍に加わる予定の大谷吉継に「家康打倒」を打ち明け、吉継を己の陣営に引き込みます。大谷吉継は光成を止めたとも言われますし、高台院は家康寄りだったとも言われています。

7月12日、佐和山城で三成は吉継、増田長盛、安国寺恵瓊と秘密会議を行い、毛利輝元への西軍総大将就任要請などを決定しました。同日、愛知川に東軍に参加予定の諸将を食い止める関所が設けられ、 長宗我部盛親、鍋島勝茂、前田茂勝(玄以の子)らが足止めを食らい、結果的に西軍への参加を余儀なくされました。また島津義弘は家康との約束に従い伏見城に入城しようとしたが、鳥居元忠に断られ(『島津家代々軍記』)西軍に身を投じています。

この動きは当初三奉行側に通牒されておらず、三奉行は徳川家康と毛利輝元に急使を送り、至急大坂に戻り石田・大谷の動きを鎮定するよう要請しています。

7月17日、安国寺の建議を採用した毛利輝元は大坂城に入城して、家康が割拠していた西の丸を、家康妻妾を落ち延びさせることと引き換えに留守居役佐野綱正から無血接収し、西軍の総大将に就任します。ここに至って三成は増田長盛・長束正家・前田玄以三奉行の連署による挙兵宣言「内府ちがひの条々」を発し、主に中国・四国・九州の諸大名が追従、およそ10万の兵力とないました。しかし内部は必ずしも一枚岩ではなく、吉川広家(吉川元春・三男)や鍋島直茂(勝茂の父)のように早くも東軍への内応を画策する武将もいました。

三成はまず会津征伐に従軍していた諸大名の妻子を人質に取る作戦を発動します。しかし、加藤清正や黒田長政の妻子が逃亡、さらに細川忠興の正室である細川ガラシャが、人質に取られることを拒否し、細川邸に火を掛け自害するなどして計画は頓挫しています。細川ガラシャの死は有名ですね、キリシタンだった彼女は自殺は許されません。家臣・小笠原秀清が障子越しに槍で突いて介錯し最期を遂げたといわれています。

この諸大名の妻子を人質に取る作戦は、ガラシャの死の壮絶さに石田方が驚き、天守閣に集める行動を、むやみに拡大することをやめています。また、「内府ちがひの条々」には家康が勝手に諸大名の妻子の帰国を認めていたことを弾劾する一文があり、家康の養女で真田信幸の妻の小松姫(沼田城において西軍についた舅・真田昌幸を追い返したという伝説で有名)が開戦以前に帰国していた可能性が指摘されています。

翌18日、西軍は鳥居元忠が預かる伏見城に、毛利輝元の名で開城要求を勧告しています。当然鳥居元忠は拒絶、明くる7月19日から伏見城の戦いが始まりました。伏見城は宇喜多秀家、小早川秀秋、島津義弘ら4万の大軍により攻められ、8月1日に陥落しています。

伏見城陥落後、三成は家康に味方する細川幽斎( 藤孝・忠興の父)が籠る、丹後国の田辺城を制圧するため、親密な関係にあった小野木重勝を総大将に1万5,000の軍勢を丹後に差し向け、宇喜多秀家を総大将に毛利秀元や鍋島勝茂など約3万の軍勢を、伊勢国平定に送り込んでいます。大谷吉継は北陸道平定に向かい、三成自身は美濃方面を抑えるため、8月10日に佐和山城から西軍の拠点をなす大垣城に入城しています。その先の岐阜城には織田信長の嫡孫である織田秀信が城主として拠っていましたが、秀頼の後見と美濃・尾張加増を条件に西軍へ引き入れることに成功しています。

【「家康」三成成挙兵の報を得て小山評定を開く】

PA140431.jpg(本文とは関係ないのですが、1635年(寛永12年)に戸田氏鉄が城主となって以降、明治に至るまで大垣藩戸田氏の居城でした。)

この頃、家康は会津征伐のために江戸城に居ましたが、7月19日に書状が家康に届けられます。差出人は西軍首脳の増田長盛であり、三成らが家康打倒の謀議を行っているという内容でした。その後も長盛からの書状は届けられており、この書状を送った時点では長盛は石田方には与していないようです。また淀殿も石田・大谷の動きを鎮圧するよう要請を送っています。しかし家康はそのまま7月21日には江戸城を発ち、7月24日に下野小山に到着。ここで三成が挙兵し伏見城攻撃を開始したことを鳥居元忠の使者によって知らされたといわれます。

ここで、家康は会津征伐に従軍した諸大名を招集し、翌25日に今後の方針について軍議を開きます。いわゆる「小山評定」です。家康にとって最大の問題は、東海道・東山道に所領を有する豊臣恩顧の武将たちが、どのような態度をとるかであった。三成挙兵の報は彼らの耳にも届いており、動揺するとともに判断に苦慮していました。そのため、家康の命を受けた黒田長政は福島正則に秀頼には害が及ばないこと、三成が秀頼のためにならないことを説明し、東軍につく態度を鮮明にするよう説得したといわれます。

なお、この時点では「内府ちがひの条々」はまだ小山に届いておらず、毛利輝元が大坂城で秀頼を擁して石田方の総大将になっていることは、家康以下諸将の知るところではなかったはずです。さきに届いた淀殿や三奉行からの鎮定要請に基づき、大坂城からの指示に従っている形式を保っていました。

評定では情勢の説明と、妻子が人質になっているため進退は各自の自由であるとの、家康の意向が伝えられます。すると真っ先に福島正則が大坂のことは考えず、家康に味方することを表明します。黒田長政・徳永寿昌がこれに続き、ほぼ全ての従軍諸将が家康に従うことを誓約しました。その一方で信濃上田城主である真田昌幸と、美濃岩村城主である田丸直昌はこれに与せず、西軍へ退転します。

【それぞれの道】

山内一豊のお話も有名です。一豊は関ケ原後、大出世しますが、ほとんど小山評定での功績と言われます。上方の情勢を伝える妻の手紙を未開封のまま家康に差し出したといわれ、評定で一豊は「わが城をお使いくだされ」と提案した。一豊の城は東海道中の静岡・掛川。これに東海道筋に領地を持つ大名が「わが城も」と続き、家康は安全に西に向かうことができたといわれます。

一豊は、豊臣秀吉にその忠実さ、真面目さを買われて掛川の領地を任されていました。秀吉は、家康を東海から関東に領地替えさせ、なおもその西上に備え、通り道の東海道に最も信頼できる忠義者、律義者を並べています。何重もの対家康防衛壁を戦わずして突破できた家康にとって、城の明け渡しとともに家康に対する忠誠心を明確にした一豊への感謝の念は、大きかったと思われます。

この案は堀尾忠氏(一豊の盟友、堀尾吉晴の子)と事前に協議したもので、さらに正則が秀吉より預かっていた、非常用兵糧20万石も家康に提供すると表明、秀吉が家康封じ込めのために配置した、東海道筋の諸城と兵糧を確保したことで、東軍の軍事展開と前線への兵力投入が容易となっています。

諸将が提供した居城には松平康重、松平家乗、内藤信成、保科正光、北条氏勝ら徳川譜代の武将が城将として入城し、守備に当りました。

三成迎撃で評定が決定すると、諸大名は7月26日以降陣を払い、正則の居城である尾張清洲城を目指し出陣します。また伊勢方面に所領を持つ富田信高、古田重勝、氏家行広、福島正頼、九鬼守隆らは居城防備のため各居城へ戻りました。家康は徳川秀忠に榊原康政や大久保忠隣、本多正信を添えた約3万8,000の軍勢(こちらが徳川本隊といえます)を付けて、中山道より美濃方面への進軍を命じ、8月4日に出陣しました。

一方上杉・佐竹への抑えとして、自身の次男の結城秀康を総大将に、里見義康、蒲生秀行、那須資景らを宇都宮城に留め、監視させています。家康は江戸城に戻りますが、そこから動かなくなっています。『内府ちがひの条々』の内容が東軍側にも伝わり、豊臣恩顧の武将たちの動向が不透明となる危惧を考えたといわれます。

真田家では小山評定後の「犬伏の分かれ」が有名ですね。7月21日、真田親子が宇都宮城の手前、犬伏に構えた陣所へ、石田三成の密使が到着します。 昌幸は三成とは姻戚関係で義兄弟でもあり(三成・昌幸とも宇田頼忠の娘を娶っています)、 幸村の妻は豊臣恩顧の大谷刑部小輔吉継の娘(竹林院)です。 何より昌幸は第一次上田合戦(神川合戦)の遺恨が残っており、家康を嫌っていました。

一方、長男の信之は神川合戦の後、かねてからその人物に傾倒していた家康の下に秀吉の取り成しで仕えることに成ります。
家康は神川での遺恨を信之には向けず、かえって寵愛し信之に妻として 稲姫(後の小松殿。徳川家の重臣、本多忠勝の娘)を家康(秀忠の説も有り)の養女としてから娶らせます。この処遇を見ても家康の信頼は明らかで、信之は徳川親派となりました。 家康には関東・甲信州での大名間との結びつきを強くし秀吉に対抗しようという考えが有ったかとも考えられますが。

【伊勢・美濃での前哨戦】

三成は真田昌幸への書状の中で、尾張と三河国境付近で東軍を迎撃、背後より上杉・佐竹軍と挟撃することで勝利をする目算であると言っています。そのため早急に伊勢・美濃を平定して、岐阜城を西軍の拠点とし、尾張に侵攻する必要がありました。伊勢路を進む宇喜多秀家ら西軍の軍勢約3万は、筒井定次(順慶の従兄、養嗣子)の居城・伊賀上野城を開城させ(上野城の戦い)、その後富田信高、分部光嘉が籠る安濃津城(安濃津城の戦い)、古田重勝の松坂城などを攻略し8月までには陥落させています。

その後さらに北上を進め尾張攻略を目指し、桑名城の氏家行広・氏家行継兄弟を西軍に加担させるが、東軍先発部隊(福島正則・黒田長政・池田輝政・伊直政・本多忠勝)が清洲城に集結するとの報を得て、福島正頼・山岡景友の拠る長島城攻撃を諦め、三成の居る大垣城へと向かいます。この時点で三成の尾張・三河で東軍を迎撃する戦略は破綻し、木曽川で迎撃する方針へと修正せざるをえませんでした。

一方の背後を挟撃する予定の上杉景勝は、徳川軍を攻撃せずに軍勢を山形方面の最上義光領へと向けます。佐竹軍は、当主である佐竹義宣が主張した西軍への参加に、父・佐竹義重や弟、重臣一同らの反対により、義宣は意見を押し切ることができず、佐竹義久に少数の兵をつけて秀忠軍に派遣するなどの曖昧な態度に終わり、関東の徳川領に侵攻しませんでした。結局、佐竹義宣、上杉景勝が大坂へ向かう徳川軍を攻撃しなかったことは、三成にとって大きな誤算となりました。なお、鍋島勝茂は父・直茂の命により美濃・伊勢国境付近に留まり、大垣城に向かう宇喜多・毛利軍などから離脱、以降西軍の軍事行動には加わらず傍観しています。

【西軍の大垣城集結】

PA140402.jpg(天主は100円で登れますし、重要な資料がいっぱいです。)
PA140397.jpg(私はあさ7:00に伺ったのでもちろん開いてはおりませんでした。)
PA140411.jpg(静かなお城です。笑、朝だから!)

かくして、毛利 秀元・宇喜多秀家・石田三成等は「大垣城」に入城、個人の思惑はその通りには運ばず、運命の神が振る振り子の行方に任せれたのでした。
PA140410.jpg(こちらの角度が綺麗ですかね?)


【最後に・・・】

アクセス数が20000を越えました。本当にありがたい事です。自分の好きな事を勝手に書いて読んでいただけるなんて、なんて私は幸せな人間なのでしょう。少し三成君に分けてあげたいね~。

起業の話と「次世代起業セミナー」を勧める訳



ご無沙汰していました、市郎右衛門です。

歴史ブログが急に起業?と不思議に思われたかもしれません。

皆さんは「人生をやり直して自由になって、
やりたい事だけをやるぞ」と思われたことはありませんか?


先日、私は脱サラして起業するぞ、と大きなことを申しました。
実は以前から起業して自分のやりたい事だけをやれればな~と考えていたんです。

そこで情報発信の初歩として書き始めたのがこの「高天原の縁側日記」というブログです。

そんな情報発信と起業で成功したい」という夢を「ドン」と後押ししてくれたのが、
「次世代起業家育成セミナー」です。


「次世代起業家育成セミナー」って何だ?と思われるかもしれません。
次世代の起業家を育成するセミナーです(そのままですね(-"-;A ...アセアセ)。


私のように、会社でストレスをため込んで休職に追い込まれないように副業で+αを手に入れたり、
将来自立して起業したいと考える皆さんに是非とも体験していただきたいセミナーが、
「次世代起業家育成セミナー」なんです。


初年度年商1億売り上げたIQ148のMENSA会員でもある京大MBA卒講師「加藤将太さん」が、
最速、リスク0で1億円稼ぐ起業方法を、
14時間にも及ぶ(定価11万円を超えるセミナー映像)を無料で視聴できるセミナーです。


seminar_pic_sozai_bnr_300_250_1.png



アドレスとニックネームを登録するだけでだけで、一か月間にわたって無料でセミナーを視聴できます。
12の無料プレゼントがもらえる次世代起業家育成セミナーはコチラ


誰しも失敗は怖いものです。
私もストレスがMAXに成らなければ、会社を休むことはなかったかもしれません。


セミナー講師の「加藤将太さん」を知ったのは、
ブログサークルのお友達ブログのアフリエイト広告でした。
その広告が「次世代起業家セミナー」だったのでした。


最初は、登録すると1万円プレゼントのお小遣い欲しさでした(現在は終了しています)。
しかしながら、一ヵ月の無料登録をしてみると、これが本当に良く出来ていてとても面白いのです。



私と同じように、会社でストレスをためて心を病んで自分自身で起業しようと考える方、
副業で家計がもう少し楽にならないか?
そんな皆さんに「必ず視聴してください」とお勧めしたいのが、この動画なのです。


加藤将太さんが公開中のセミナー映像で、
もともとは有料でしたが、現在無料公開されています。
累計視聴者数4000名突破の本格的な起業入門セミナーです。
これはちょっとヤバい話かもしれませんよね?(笑)


その一ヶ月無料で視聴できるセミナー中で、
3つの言葉が私の心を動かしました。

「会社の肩書が無ければあなたは生きていけますか?」。
「自分自身に投資せよ!」
「行動すれば成功は決まっている!」




以前から起業しようと考えていましたが、
年齢的にもこれが最後のチャンスかもしれないと、
自己投資して一歩を踏み出してみようと決心しました。


seminar_pic_sozai_bnr_600_300_03.png

セミナー講師は、 ココデ・グローバル株式会社 代表取締役加藤将太



【経歴及び実績】

●京都大学工学部電気電子工学科卒業。
●京都大学経営管理大学院経営管理専攻事業創再生マネジメントコース終了 MBA取得。
●(株)NTTデータ 第一公共事業本部 第二公共システム事業部を勤務半年で退社。
●日本最高の中学受験塾で歴代最速で講師にに昇格(希学園・創立14年で初・算数科講師・合格率4%・平均1年のところ、5週間で時給5,000円の講師になる)。
●教育改革を目指して、26歳の時に起業(元手20万円)その後、多角化。
●1年目で年商1.1億を達成し、延べ1,000名以上を面接し社員数十人を使う社長になる。
●2年目で年商2億6千万円を達成。
●書籍流通支援システム、法人向けデータマーケティング支援システム等の開発・販売を行う一方で、MBAで学んだ知識や、実際 にゼロから短期間で事業を軌道に乗せた経験を伝える活動を行う。
●2013年より開始した「次世代起業家育成セミナー」はこれまでに5回開催され、累計4,000名以上の法人代表・法人代表候補・起業家 の卵が参加。

この経歴は、凄いとしかいえません。
一般公立中学から高専、そして京都大学、新聞配達のバイトを経ての起業も凄いです。
義弟の大学・学部の後輩ということも、加藤さんに親近感を持った原因のひとつです。

seminar_pic_sozai_22.png


アドレスとニックネームを登録するだけで、一か月間にわたって無料でセミナーを視聴できます。
12の無料プレゼントがもらえる次世代起業家育成セミナーはコチラ

加藤将太さんは、当時月商100万円いけばトップレベルと言われたせどり業界で、
初年度で年商1億円超え、最盛期には月商4,583万円、
情報発信開始後1ヶ月で5億4000万円というモンスター級の起業家です。



あまりの規模拡大スピードにAmazonが「これ以上在庫を増やさないで」と悲鳴をあげ、
事業が拡大できなくなってやる気をなくした加藤さんは、
儲かっているせどり事業を部下任せにしたという逸話の持ち主です。

ちなみに加藤さんは、京都大学大学院MBA(経営学修士)を取得している経営のプロであり、
人口上位2パーセントのIQ148以上が所属する団体MENSAのメンバーでもあります(凄)


2013年、年間数億円の売上を自動化させて一時的に暇になった加藤さんが、
起業家や経営者に向けて「1億円事業」の作り方を解説したのが、
「次世代起業家育成セミナー」シリーズです。


特に初心者向けに開催された次世代起業家育成セミナー「特別編」は、
映像視聴も含めて累計4000名以上が参加しています。

有料の起業セミナーとしてはもっともヒットしたものの一つとなりました。


MBAの理論的な裏付けを活かしながら、
ネットと物販の両方で大きな実績を持ち、
多業種に渡るコンサル生を指導し、
さらには大手塾で講師もやっていた加藤さんのセミナーは、
間違いなく業界でも唯一無二のものです。

ネット業界にうようよ存在する
“名前だけのセミナーや講師コンサルタント”
とは根本的にレベルが全く違います。



特に最終的に起業して成功したい人にとっては、
加藤さんの提唱する「システム化」という概念は非常に重要だと感じます。


システム化をすると既存ビジネスの売上が10倍になります。

個人の労働時間には限界がありますが、
システムというものは複製・拡大が容易なのです。

システム化という概念を取り入れることによって、
月収10万稼げている人は月収100万に、
月収100万稼げている人は月収1000万になります。



例えば“せどり”というのはずいぶん前からあるありふれたビジネスで、
月商100万稼げればトップクラスと言われていた業界ですが、
加藤さんはシステム化する事によってあっさり月商4500万に到達しました。

いまだに加藤さんの実績を超える人は
せどり業界には現れてないです。

物販やネットビジネスに限らず、大手が参入していない業界であれば、
システム化を実行するだけであっさりライバルに勝てるのだそうです。



加藤さんの教育改革は凄すぎて、目標とはいえないかもしれませんが、
少しでも近づいて私も「日本の(私は歴史と文化ですが!)教育」に一役買いたいですね。

私の夢は、日本文化の伝統を継承するために、
第二の(山陰の)「柳宗悦(思想家)」になる事なんです。


bnr_header_pc_sozai_01_20180731200258b05.png


アドレスとニックネームを登録するだけで、一か月間にわたって無料でセミナーを視聴できます。
12の無料プレゼントがもらえる次世代起業家育成セミナーはコチラ

【感想メールを送ることで受け取れる加藤将太さんからのプレゼント】


■プレゼントの内容■
2018-08-25.png

感想を送り続けることで、全部で、特別編映像8つ+無償プレゼント1~12で、「19個」の無償プレゼントが手に入ります。
(他にもプレゼントはあります)




内容は、「経営時間は1日3時間・元手20万円でも、1年以内に1億円事業を創る」と冠して、
加藤さんの経営手法を全て映像とPDFで週録した秘密のセミナーです。


期限は1週間で、1週間以内に動画を見た感想を簡単に送った場合のみ、
次の動画を視聴することが可能です。
まずは、21分間という時間を投資して、加藤さんのセミナー映像をご覧ください。

PDFを見ても楽しいと思いますし、動画+PDFも有りですね。
お好きな方法でご覧いただければと思います(もちろん無料!損はさせませんよ)。



ちなみに、1万円無料プレゼントは終了しましたが、
私には1万円+Webテストで65点取ったので+5000円さらに次世代セミナーにも申し込んだので+1万円で、
2万5000円分の仮想通貨リップル500.000000XRP(1XRPの値段50円計算)が振り込まれました。

今盛り上がっている、仮想通貨のセミナーも視聴できるのです。

知識のない私は?5億~~~!×40円(現在1XRPの値段)=24億円振り込まれた~~~!と、
勘違いしてしまい怖くなってしまいました。(-"-;A ...アセアセ

6桁は少数点以下だったようです(相変わらずの慌て者です・笑)。
タダで頂いたものですから、今日から楽しみにリップルの動向を見守りたいと思います。


アドレスとニックネームだけ登録すれば、一か月間にわたって無料でセミナーを視聴できます。
12の無料プレゼントがもらえる次世代起業家育成セミナーはコチラ


1日で本物のビジネススキルが磨けるので、
ぜひセミナー映像を見て、レベルの違いを実感してみてください。

私と同様、ビジネスに対する価値観が変わると思います。

2期生募集もあとわずか?もしあなたが副業での成功や起業を目指しておられるなら、登録しないのは、チャンスをどぶに捨てるようなものです。


いつも応援ありがとうございます。歴史って本当に面白いですよね~!
今後もランキングにはこだわって良い記事をUPしたいと思います。はげみになりますので宜しくお願い致します(^人^)
下の日本人気ブログランキングバナー・ブログ村の日本史バナー「ポチリ」と、クリックして頂けましたら嬉しいです。




関連記事
  

コメント

非公開コメント