2017/10/26

勝負に勝ちたいならここへ参れ!『応頂山 勝尾寺』

1300年の時を越え、今も多くの人が踏みしめる巡礼の道、幸せを願い心に安らぎを求めるとき、人はなぜこの旅路を選ぶのでしょうか。

西国三十三観音巡礼祈りの旅、『勝尾寺』今日はしみじみとご紹介したいと思います。

CIMG9117.jpg(勝ち達磨可愛いですよね。)

ところで、今日はドラフト会議が有りましたよね~!清宮幸太郎君「日本ハム」でした。分かってましたよというか的中です。私神ってますからね、北海道の皆さんおめでとうございます。

『勝尾寺』は勝ち達磨の寺と呼ばれます。奉納されている達磨はすべて両目が入っていますよね、賢明な皆さんならもうお分かりですよね、そう念願が叶った達磨ばかりなのです。清宮幸太郎君を引き当てた「日本ハム」関係者もこちらの勝ち達磨購入されたかもしれません。(笑)

それでは、『市郎右衛門』の日本史ブログをお楽しみ?くださいね(人´ω`*).☆.。
ブログランキングならblogram
👆絶賛ランキング参加中!四つのバナータグを「 ぽちっと」クリックして応援お願いします。
|o´艸)。oO(Thank you)。

バナーをクリックしますと、ランキングページに移動します。そこで慌てないでくださいね~!有難いことに現在、市郎右衛門のブログは、皆さんのお陰でランキングTOP10にINしておりますので、「高天原の縁側日記」をもう一度クリックして頂きますと、元のブログに戻ります(^人^)。

CROOZ




【勝尾寺ってどんなお寺】

PA260015.jpg(今日15分早く家を出て撮影した大鳥居の清和天皇の直額)
CIMG9131654.jpg
(開くのはのは、開成皇子命日旧暦10月4日か新暦10月29日です?どっちだ~笑)

勝尾寺(かつおうじ)は、大阪府箕面市にある高野山真言宗の寺院です。三十三観音霊場の中では、現在の私の職場から一番近く、通勤道路的には宝塚の「中山寺」と同じくらいに近くです。昨夜下調べしていて、西国街道沿いに大鳥居が有る事を知って今日撮影してきました。(笑)

平安時代に成和天皇(第56代天皇)に寺号を賜っています。西国三十三所の第二十三番札所。開山は開成皇子(かいじょう皇子)、本尊は十一面千手観世音菩薩です。寺号は「かつおじ」「かちおじ」などとも読まれるようです。

勝尾寺の所在地は大阪府箕面市粟生間谷にあります。山号「応頂山」、宗派高野山真言宗、創建年は伝・神亀四年(727年)開基伝・善仲、善算、開成(開山)
中興は源頼朝で正式名名称の「応頂山勝尾寺」を名づけています。元は別称の「弥勒寺」と呼ばれていたようですね。

【札所としては】

DSC_0111.jpg
(勝尾寺と法然札所)
CIMG9110.jpg(綺麗なお寺です。)
CIMG9104.jpg(山門ですが後ろが重要です。)
DSC_0090.jpg
(門を後ろから見ると勝王寺の文字)
CIMG9116.jpg(こんな所にも勝ち達磨)

法然上人二十五霊場6番(二階堂)
西国三十三所23番
摂津国八十八箇所54番
摂津国三十三箇所22番
神仏霊場巡拝の道 第65番文化財法華経 巻第四(重要文化財)
木造薬師如来及び両脇侍像(重要文化財)ほかです。

伝承によれば、勝尾寺の草創経緯は次のようです。奈良時代の神亀4年(727年)、 藤原致房の子の善仲、善算の兄弟はこの地に草庵を築き、仏道修行に励んでいました。それから約40年後の天平神護元年(765年)、光仁天皇の皇子(桓武天皇の異母兄)である開成皇子が2人に師事して仏門に入いりました。宝亀8年(777年)、開成は念願であった大般若経600巻の書写を終え、勝尾寺の前身である弥勒寺を創建しました。

そして、観音様の化身といわれた妙観が18人の弟子と数年後の宝亀11年(780年の7月18日に発願し8月18日に結願奉納されました。)、十一面千手観世音菩薩立像を制作したと伝えられています。毎月18日は観音御縁日(結願奉納日)とされ御本尊を拝むことが出来ます。

妙観は勝尾寺の観音像を彫った名工といわれています。『徒然草』二二九段に「よき細工は少しにぶき刀を使ふといふ。妙観が刀は、いたく立たず。」とあります。名工は少し鈍い刀を使う、名工妙観の刀は、ひどくは突き立たない(あまり鋭くない)。これが鋭くなくても良い仏像を作るなのか?、鋭くないからこそ柔らかな優しいい仏像が作れるの意味なのかは、皆さんがお考え下さい。

【 開成皇子って誰?】

CIMG9114.jpg
(見つけるのが楽しいんですよね)

「開成皇子(かいじょうおうじ)、神亀元年(724年)~天応元年10月4日(781年10月29日)」は、奈良時代の僧侶です。父は光仁天皇で、桓武天皇の庶兄にあたります。

765年(天平神護元年)宮中を出て勝尾山に入って禅居し、善仲・善算の二人の師に出会って出家・受戒した。両師の発願した大般若経書写の遺志を継ぎ、八幡大菩薩の加護を受けて6年の歳月をかけて完成させたといわれます。勝尾山中にその経を安置する道場を建立し、弥勒寺と号したと言われます。

開成皇子の僧としての事績については正史に記載がなく不明な点も多いですが、北摂地域の山間部には当寺以外にも高槻市の神峯山寺など、開成の開基または中興とされる寺院が点在しています。

勉強不足だったのですが、勝尾寺から山道に入って標高差約130mを登りますと、開成皇子墓のある最勝ヶ峰が有ります。781年(天応元年)に58歳で没し、(現・大阪府箕面市の明治の森箕面国定公園内)に葬られました。墓は現在「開成皇子墓」として宮内庁管理となっています。

【勝尾寺の歴史】

CIMG9119.jpg(日本最初の荒神様です。)
CIMG9126.jpg(法然が過ごした?新しい二階堂)
DSC_0096.jpg(本堂)
DSC_0094.jpg(負けることは絶対ないな。笑)
CIMG9112.jpg
(多宝塔も綺麗です。)

勝尾寺は平安時代以降、北摂山岳信仰の拠点として栄え、天皇など貴人の参詣も多かった。元慶4年(880年)、当時の住職行巡が清和天皇の病気平癒の祈祷を行い、「勝王寺(現在も寺門の額には勝王寺の名前が有ります)」の寺号を賜るが、「王に勝つ」という意味の寺号は畏れ多いとして勝尾寺に差し控えたと言われます。『日本三代実録』は、元慶4年、清和天皇死去についての記事で、同天皇が「勝尾山」に参詣したことを述べており、これが勝尾寺の文献上の初見と成っています。

私が、今日撮影した西国街道の表参道の起点となる大鳥居の扁額は清和天皇の直額です。当時の神仏は一体化していました。
ここから勅使門まで約4キロです。

元暦元年(1184年)、治承・寿永の乱(源平合戦)の一ノ谷の戦いのあおりで焼失しています。文治4年(1188年)、源頼朝の命により、熊谷直実・梶原景時によって再建されました。

本堂東側には、二階堂が有り、承元4年(1210年)には晩年の、讃岐国流罪から戻った浄土宗の開祖法然が最後の修行の場として4年間当寺に滞在して浄土信仰を開眼したと言われています。

山岳信仰の拠点だった広大な山に旧境内牓示八天石蔵及び町石が有ります。中世、勝尾寺が寺領を明示し、土地をめぐる争いを避けるため、寺の周囲8箇所に設置したもので、四天王・四明王の像を埋納していました。

【いつもの最後に・・・】

CIMG9130.jpg(パワースポット渦巻)
DSC_0108.jpg
(これはたまりませんね~)
DSC_0089.jpg(弁天池)
CIMG9113.jpg(どか~んと勝ち組!)
DSC_0110.jpg(弁天池から振り返ると全山が見えます。)


授与所の大小の達磨に違いはありません。勝ち達磨はただ授かればご利益を受けられるものではありません。勝ち達磨はあなたを写す鏡です。成就したいと思う事柄に少しでも近づこうと日々努力しているか、またご両親をはじめ、先祖様や周囲の人々への感謝を忘れず自身の命を懸命に生きているのか?勝ち達磨が一番良く見ているのです。

御詠歌:重くとも 罪には法(のり)の 勝尾寺(かちおでら) ほとけを頼む 身こそやすけれ

歴史って本当に面白いですよね~!
今後もランキングにはこだわって良い記事をUPしたいと思います。はげみになりますので宜しくお願い致します(^人^)
下の日本人気ブログランキングバナー・ブログ村の日本史バナー・Blogramバナー・FC2ブログランキングバナー「ポチっと」と、クリックして頂けましたら嬉しいです。

ブログランキングならblogram

リュミエールブラン ネージュ

コメント

非公開コメント