2017/02/27

『市郎右衛門』また一つ大人に成る。

下らない話題にお付き合いを願います(^人^)。 

今日は私の五十?回目のお誕生日ですf(^_^;。

もうこんな歳に成ってしまったのか?と思う反面、私の様ないい加減な人間に付き合ってくれている、妻や子供達、育ててくれた実家の父や、亡くなりましたが、私を産んでくれた母に感謝の気持ちで一杯です。

今日は朝からFacebookの友人の皆さんから多くの「おめでとうコメント」を頂きビックリしています。
皆さん本当にありがとうございました。

ブログやFacebookを通じて新たな人間関係が出来て、楽しくてならない市郎右衛門です。

P2270009.jpg
(es koyamaのチョコレートケーキです。美味しそうですね~家族で歌も歌ってくれるんですよ、笑)

そして、ケーキは「es koyama」さんのチョコケーキをリクエストさせて頂きましたf(^_^;

『市郎右衛門』の日本史ブログをお楽しみください。 
ブログランキングならblogram

👆絶賛ランキング参加中!四つのバナータグを「 ぽちっと」クリックして応援お願いします|o´艸)。oO(Thank you)。
バナーをクリックいたしますと、ランキングページに移動します。そこで慌てないでくださいね~(笑)
市郎右衛門は現在すべてTOP10に入っておりますので、そちらをもう一度クリック頂きますとブログに戻れます(^人^)。


以前もUPしましたが市郎右衛門のハンドルネーム、実は我が家の世襲名前なんです。
偉そうな名前ですが、庄屋(大きくないですが)を営んでいたようです。

当然、明治以降は普通に名前があるんですが、江戸時代以前我が家の当主は、○○市郎右衛門(フェイスブックのお友達や同級生は○○が解りますね(*^.^*))を名乗っていたようです。

ですから、もし江戸時代が続いていたならば、現当主の父が十八代、私が十九代、私の長男が二十代市郎右衛門となる事に成ります。

その十九代『市郎右衛門』こと、私の誕生日が今日というわけです。

P2270001.jpg
(チョコレートケーキは卵抜なので、アレルギーの次女もOKです。)

歴史ブログなので歴史うんちくを少し御紹介させて頂きますね(#^.^#)

【庄屋と名主って違うの?】
庄屋と名主とは職制上は同じです。
地域によって呼び方が異なり、西日本では「庄屋」、東日本では「名主」と呼ばれることが多く、東北地方では「肝煎」と呼ばれることが有るようです。

庄屋(名主)、小頭、百姓代を村三役と呼び、徴税の代行を含めた村の行政を行います。
庄屋、小頭は世襲の任命制、またはその位の格式を有していた家で持ち回りなどが一般的でしたが、百姓代は名の通り一般百姓の代表なので名目上は村衆による選出がされました(庄屋が決めて承認を求めた場合も多い様です)。

庄屋などが置かれる村落は、現在の行政区より小さく、天領の旗本知行地などでは村に数人の御領主さまが存在して、数戸で行政上の一村を構成する場合もあり、数~数百戸をまとめていたのが村役人で、その長が庄屋(名主・肝煎)ですが、それらの村落数十をまとめる役の「大庄屋」「寄せ場名主」がまた存在していたそうです。

我が家の場合、土地は生野銀山の直轄天領で、現在の行政区でも、町内で一番大きい集落だと思います。
中学校のお隣に水上代官所があり広野を管理していたようです。
同じ集落に、秀吉の但馬進攻に際して、羽柴勢に協力して活躍された「大庄屋」さんが居られて、集落の殆どが元「大庄屋」さんの土地(今は農地解放で全てではありませんが)に成ります(驚)。
但馬四天王の一人と呼ばれた、垣屋氏の一族宵田城主の土地を、水生城攻略の活躍によって、殆どの土地や財産権を拝領したと伝わっています。

織田軍「羽柴秀吉」の但馬攻略については、いつか詳しくお話したいと考えています。

さて以前に、我が家の遠縁に当たる、但馬を代表する政治家「斎藤隆夫」の書を御紹介させて頂きましたf(^_^;。

今回、フェイスブックでお友達に成っていただいた方が書にお詳しく、有り難いことに、ご丁寧にも読んで頂きました(私は全く読めませんでした(;^_^A)ので御紹介させて頂きます(o^-')b !

DSC_0012.jpg
(けっして字が上手とは思えないのですが、我が家のお宝の一つです。)

志在四海尚恭倹 心呑宇宙無驕盈・・・・・読み方「志は四海に在れども尚恭倹、心は宇宙を呑めども驕盈無し」その意味は「志は天下を支配するほど大きい物であるけれども、行いは謹んで控えめにしている。心のうちは宇宙ほど大きいが、そうかと言って心が驕って贅沢をすることはない」です。

誕生日を迎えて、斎藤隆夫の様に生きられますようにと、心に誓った!『十九代・市郎右衛門』でした。

いつも応援、ありがとうございますm(__)m。
歴史って本当に面白いですよね~!

今後もランキングにはこだわって良い記事をUPしたいと思いますので宜しくお願い致します(^人^)
日本人気ブログランキングバナー・ブログ村の日本史バナー・Blogramバナー・FC2ブログランキングバナー「ポチッと」クリックして頂けましたら嬉しいです。
 👇👇👇   👇👇👇   👇👇👇   👇👇👇
ブログランキングならblogram

コメント

非公開コメント