2015/11/16

白い杖のおばあさんと少女(日本の未来も捨てたもんじゃ無いね)

11月15日、近くのダイエーに買い物に行きました。

娘二人とマクドナルドで、昼食を買って帰る事になり、店内で注文した後に、入口辺りで待っていると、私の隣の自動ドアが開く音がしました。

別に気にも止め無かったのですが、小学高学年位の女の子が近くのデーブル席から立ち上がり、こちらに近づいて来ました。

その女の子は、私の隣に来ると 「おばあさん大丈夫ですか?なにかお手伝いしましょうか?」 と、私の隣にいた人物に声を掛けたんです。

その時初めて私は、その方がお年寄りのおばあさんで、白い杖を持っておられる事に気づきました。

そのおばあさんは、自動ドアが空いたものの、そこが何処か解らず立ち止まり、時間経過で閉じてしまう自動ドアに難儀されていたようです。

「ここは何処ですか?」 「3階のマクドナルドですよ」 「それなら他へ参ります。」 「どちらにいかれますか?ご一緒しましょうか?」 「大丈夫よ、ありがとう。」 この会話の間、その少女はドアセンサーに手をやって、ドアが閉じないように気をつけていたのです。

おばあさんは、店を出て反対の方向へ、女の子は暫く、彼女を眺めていましたが、もう一度近くに行って、何か話をしたあと、自分の腕をおばあさんに持って貰い、他の方向へ誘導したようでした。

その時、私の注文した商品番号が呼ばれ、品物を受け取った私は、二人の娘達と帰ることに成りました。

二人の娘に、先程の女の子の話をすると、次女は気が付いていた様子で「凄ね!なかなか出来ないよね」と、長女はスマホに夢中で、全く気付かず(笑)。

二人の娘に、あの女の子の様に、優い女性に成長してくれよと願うと共に、 『日本の未来も捨てたもんじゃない』 と思いつつ、爽やかな風が心を吹き抜けた、日曜日午後のひと時に成りました。

ランキング登録しています。お立ちより記念に「ぽちっと」クリックお願いします。
👇👇👇👇👇👇
ブログランキングならblogram



コメント

非公開コメント

祝 ブログ公開!

ほのぼのする いい話でしたね。
コンタクト~豊岡市 見えない見えにくい人の支援サイト http://www.geocities.jp/eye_contact2/