2015/11/16

『読んで絶対後悔しない』私の薦め本 Best100!

『読んで絶対後悔しない』私の薦め本 Best100!

私が、子供達家族や妻、そして皆さんに、是非読んで頂きたい本を100冊選んで紹介するコーナーです。

100冊を越えた場合は、順位は付けていないけど、1冊心を切ってけずりますよ~(T^T)

まず最初の1冊は!

其では、『市郎右衛門』の日本歴史ブログをお楽しみくださいね(人´ω`*).☆.。
ブログランキングならblogram
👆絶賛ランキング参加中!四つのバナータグを「 ぽちっと」クリックして応援お願いします。
|o´艸)。oO(Thank you)。

バナーをクリックしますと、ランキングページに移動します。そこで慌てないでくださいね~!有難いことに現在、市郎右衛門のブログは、皆さんのお陰でランキングTOP10にINしておりますので、「高天原の縁側日記」をもう一度クリックして頂きますと、元のブログに戻ります(^人^)。

CROOZ



アレクサンドル・デュマ・ペール原作の!
「モンテ・クリスト伯」です!
モンテクリスト伯
キャスターの小宮悦子さんがテレビ番組の中で、一番面白くて大好きな小説と、力説されていたので、読んでみました。

モンテクリスト伯は岩窟王の名前で子供の頃に読んだことの有るお話でした。

それなのにもかかわらず、ピンと来なかったのは、実は、この本?にトラウマが有って、一度しか読んでいなかったのです。

その本は、少年少女世界文学全集で、両親が定期購入してくれていたものです。

毎月楽しみにして読んでいたのですが、岩窟王と一緒に、1冊に納められていた、ジャンヌダルクがかわいそう過ぎて、読めなく成ってしまったばかりか、怖くて見るのも嫌と、本棚の見えない所へ隠してしまっていた位の、トラウマになってしまったのです。

ジャンヌダルクは、英・仏の100年戦争を終わらせるきっかけを作ったにもかかわらず、最後には、異端の疑いで裁判に掛けられて、19歳の若さで、火炙りの刑で死んでしまうというひどいお話でした。

私のトラウマ話はさておき、モンテクリスト伯は、文庫本5冊に及ぶ大作にもかかわらず、読む手が止まらない面白さ、ドキドキ、ワクワクの復讐劇が、貴女方の心を捕らえて離さない事請け合いですよ!決して子供本では有りません。

そして最後は~!ここまでですよね。

映画やSFアニメーションにも成っていますが、やはり本を読むのが一番です。

活字離れが進む中で、もう一度本を読む愉しさを思い出させてくれる1冊です。

是非、大スペクタクル小説を読んで下さい!

いつも応援、ありがとうございます(^人^)。
歴史って本当に面白いですよね~!

今後もランキングにはこだわって良い記事をUPしたいと思いますので宜しくお願い致します(^人^)
下の日本人気ブログランキングバナー・ブログ村の日本史バナー・Blogramバナー・FC2ブログランキングバナー「ぽちぽち」と、クリックして頂けましたら嬉しいです。

ブログランキングならblogram 



リュミエールブラン ネージュ

コメント

非公開コメント