2015/12/14

我が家の討ち入り蕎麦!

又々、古いお話を一つ、ちょっとした経緯が有り、我が家では赤穂浪士の討ち入り日に合わせて、毎年お蕎麦を食べています。

つまり、今日12月14日の晩御飯はお蕎麦なんです。

討ち入りそば
    (出西窯の器に輪島塗の箸で100円のかきあげでも少し贅沢な感じです)

話せば長いお話なのですが、簡単に書きますと、大石内蔵助の妻、理久の父親、豊岡京極家家老、石束源五兵衛とご先祖が懇意にしていたらしく、赤穂浪士討ち入り成功(仇討ち成就)が伝わると、近所に蕎麦がきを振る舞ったという、言い伝えが残っているからです。

離縁されて実家に帰って来ていた理久と子ども達ですが、のちに三男大三郎が、忠臣の子息と言うことで、広島安芸、浅野本家に仕官がかない(理久も忠臣の妻として録をもらってます)、我が家で家財を売って、路銀のたしにして広島へ向かったという、言い伝えが有り、そのとき石束家からの家屋を借りた礼として、野点の茶道具を頂いたと伝えられています(実物確認出来ていません、時間が有るときに倉の中あさって見ます)。

以前は12月になると、必ず赤穂浪士の時代劇が有ったものですが、今では無くなって寂しいですね。

赤穂浪士の討ち入りは、12月14日とされていますが、実際は15日未明です(ただし当時では朝日が登って翌日感覚だった様ですが)。

又、旧暦元禄15年12月14、15日はユリウス暦1703年1月30、31日に成りますし、今年?の旧暦12月14、15日は、2016年の1月23日24に成るはずです(月の満ち欠けで満月)というわけで、蕎麦をいつ食べるのかはっきりと決めているわけではないのですが?(何を書いているのか解らなくなって来ました)今年は今日12月14日にしました。

つまり我が家では、この時期にお蕎麦が食べたく成ると(年越し蕎麦とは別です)、子供たちに少しだけ赤穂浪士のお話と、我が家との関わりを話して、お蕎麦(必ず出石蕎麦)を食べる事にしています。

ランキング登録しています。お立ちより記念に「ぽちっと」クリックお願いします。
👇👇👇👇👇👇
ブログランキングならblogram

コメント

非公開コメント