2016/08/21

お宝拝見 『湊川神社』 雑記!

お詫びを二つ程させてください。まずはオリンピックに夢中でブログUPがおろそかになっており、申し訳ございません。
にもかかわらず、多くの方々に読んでいただいているようで恐縮しております。
仕事もございますので、二日に1UPを目標にしているのですが、今月は厳しいかな?本当に申し訳ございません。

もう一つハンドル名を「市郎右衛門」に変更しました。変更と言いますか正確に直したというところです。
我が家には江戸時代以前から世襲制の名前が在り、当主は「市郎右衛門」を名乗っていました。過去帳の記載から「市良右衛門」を使用しておりましたが、日蓮宗本山、立本寺(島左近の墓もある、京都八本山の一つ)の33代管主となった我が家のご先祖(市郎右衛門の弟)『日應上人』曼陀羅に「〇〇市郎右衛門様」と記載されており、過去帳は身内用に略字を用いていたようです。
今後は「市郎右衛門」を使用させていただきます(名刺をお配りした皆さまには改めて、お渡しいたしますのでお許し下さい)。

湊川神社には前回、前々回にご紹介した以外にも見どころが有りますのでご紹介させて頂きます❗

まずは、境内にある神社楠本稲荷神社菊水天満神社です。

CIMG1848.jpg(赤い鳥居!いかにもお稲荷さんです。)
CIMG1849.jpg(天井をびっしりと覆う提灯、ちょっと見えにくいですね~中で撮影すればよかった。)

「楠本稲荷神社」は入って参道の右側、赤い鳥居がいくつも続いているのが目印です。
楠本稲荷には倉稲魂命・猿田彦命・大宮女命が御祭神となっています。
楠本稲荷神社の拝殿には、天井をびっしりと覆うほどの提灯が飾られています。
楠公が鎮座する本殿とはまた違った物々しさがあります。
2月の初午の日には初午祭が行われ、祭りの後はぜんざいが無料でふるまれます。
この楠本稲荷神社は、御祭神の名前でもわかるように、湊川神社よりも歴史が古いと思われます。

CIMG1857.jpg(ひっそり、笑)
CIMG1858.jpg(やっぱり牛ですよね~!頭の良い男の子の入学祈願、届いたかな)
CIMG1860.jpg(こじんまりとしています。そうそう道真公と牛につては北野天満宮辺りで、書かせていただきます。)

「菊水天満神社」は本殿の右奥にひっそりとたたずんでいます。
菊水天満御才神は勿論、菅原道真公ですね。
菊水天満神社は、7月の夏祭りと共に菊水天神祭が執り行われ、子供神輿や灯篭の奉納で盛り上がります。


「神能殿」、この建物は「御鎮座百年祭」の記念事業の一環として1972(昭和47)年に建てられたものです。
御祭神楠木正成の妹が能楽の祖観阿弥の母親だったという伝説が縁で、ちょうど建て替えを計画していた観世流の能楽堂を譲り受け、東京から移築されました。
能楽堂に関しては、ぜひ譲って欲しいという希望が他にもいくつかあったそうですが、交通の要衝にありながら文化が育ちにくい(お考えがよくわからないですが?笑)神戸の地に能楽堂を置くことで伝統文化への親しみと理解を深めたいという思いから、先代の第25世観世左近氏が敢えて神戸にある湊川神社の境内を選んだそうです(写真は在りません)。

CIMG1872.jpg(楠木正成公の勇ましいお姿)
CIMG1874.jpg
(横山大観作、楠木正成公図、フラッシュご容赦ください、やっぱり撮影は禁止だったかもです。)
CIMG1879.jpg(正成が幕府軍とたたかった千早城図、山全体が要塞化されているのがわかりますね~!)
CIMG1881.jpg
(段威腹巻、楠木正成公ご着用と伝えられます。300年来、播州竜野脇坂家の家宝として蔵せられてきましたが、明治24年湊川神社に奉納されました。元国宝。昭和25年重要文化財に指定。)

そして最後は「宝物殿」昭和38年(1963年)、竣工。
神社創建以来、崇敬者より奉納された社蔵の宝物品を参拝者の方々にご覧いただくために開館されました。
国指定重要文化財などの書画や鎧をはじめ、貴重な資料の数々が展示されております。
カメラを構えてカシャカシャ撮影していたのですが、神官の方も何も言われませんでしたが?本当は撮影禁止だったっかもしれません(神社関係者の皆様申し訳ございません)。

いつも応援いただき、本当にありがとうございます。
ランキングを競わせていただいています。
これは納得!もしくは面白い!と思われましたら「ぽちっと」日本人気ブログランキングバナーとブログ村の日本史バナー二か所クリックをお願いいたします。
👇👇👇👇👇👇👇 👇👇👇👇👇
ブログランキングならblogram

コメント

非公開コメント

No title

世襲名の変更了解です!

いけないと思います

こんにちは。いつもお世話になっております。

宝物館内の重文に対してフラッシュをたくなど言語道断ですよ。

ご自身でも撮影は禁止だったかもとおっしゃっているのなら、ちゃんと撮影許可をとり、撮影した後の画像をブログに掲載する許可を得ることは出来た筈です。

言われなかったからいい、のではなく、大人の判断をなさらなかったことが残念です。

好奇心にあふれておいでなのは承知の上で、あえて申し上げます。

つねまるさんお叱りありがとうございました。

> こんにちは。いつもお世話になっております。
> 宝物館内の重文に対してフラッシュをたくなど言語道断ですよ。
> ご自身でも撮影は禁止だったかもとおっしゃっているのなら、ちゃんと撮影許可をとり、撮影した後の画像をブログに掲載する許可を得ることは出来た筈です。
> 言われなかったからいい、のではなく、大人の判断をなさらなかったことが残念です。
> 好奇心にあふれておいでなのは承知の上で、あえて申し上げます。

お叱り心に沁みました。本当ですね~軽率でした。
神社のホームぺージ写真を許可を受け手利用することもできましたね。
営利目的ではない利用ということで、少し軽く考えていたかもしれません。
今後は十分に注意を怠らないようにいたしますね。
貴重なお叱りをありがとうございました。
これに懲りずに、コメントをいただけますようによろしくお願いいたします。

taka :aさんありがとうございます。

> 世襲名の変更了解です!

ハイ!よろしくお願いいたします。