2015/11/20

この家紋ウオンテッド!

我が家の家紋が珍しいようなので紹介します。

『うちも同じ』とか、『それ知ってる』、という方がおられましたら、是非とも連絡下さいm(__)m
家紋
なんですが、ネットで調べてもありません。家紋9000種類を網羅するとうたい文句のホームページにも在りませんでした。

其では、『市郎右衛門』の日本歴史ブログをお楽しみくださいね(人´ω`*).☆.。
ブログランキングならblogram
👆絶賛ランキング参加中!四つのバナータグを「 ぽちっと」クリックして応援お願いします。
|o´艸)。oO(Thank you)。

バナーをクリックしますと、ランキングページに移動します。そこで慌てないでくださいね~!有難いことに現在、市郎右衛門のブログは、皆さんのお陰でランキングTOP10にINしておりますので、「高天原の縁側日記」をもう一度クリックして頂きますと、元のブログに戻ります(^人^)。

CROOZ



そこで、なぜこの珍しい、橘家紋なのだろうか?疑問に思うのです。

名字は関係有るのか?宗教は?等と考えてみました。

本来、名字は違うものだと言われます、「源平藤橘」の氏は天皇家から降されたもので、自分達で名乗った名字とは違う物らしいです。

なお、我が家の苗字に橘は入っておりません。

その「源平藤橘」のなかでも橘氏は没落?してしまって数は少ないようです。

我が家が、そのような言われのある家系で橘の家紋とも思えませんが、越前を支配した朝倉氏も元は但馬の八鹿町の出身です。

我が家も何か有るかもなんて、夢は大きくて楽しい方が良いですよね。

ちなみに、戦国武将では加藤清正井伊家は橘家紋です。

我が家の檀家寺立光寺(日蓮宗)ですが、加藤清正公を祭る「清正公さん」という夏祭りを7月23日に行っています(以前は清正公さんが、日高の夏祭りだったのですが、今は土日に商工会の夏祭りが移動して、残念です)。

日蓮宗の宗紋も井構えに橘なのでそこらへん?に理由があるのかもしれません。

もう一つ、但馬といえば、天之日矛(天日槍)が始祖として有名ですが、子孫の田道間守命11代、垂仁天皇に、「非時香菓(ときじくのかくのみ)」を常世の国に探しに行くことを命じられ、を持ち帰るお話があります。

隣の大きな国でも同じような話が有りますよね!天之日矛は元新羅の王属とか?朝鮮半島が大きな国の支配下にあったことを考慮すれば、ネタ元はそこらへんかも知れません。

田道間守と垂仁天皇のお話は後日談がありますが、そちらはまたの機会でお話しましょう。

この、持ち帰った、橘がお菓子の始まりということで、田道間守命は、お菓子の神様として、兵庫県豊岡市の中嶋神社に奉られ、お菓子業界では有名です。

いつも応援、ありがとうございます(^人^)。
歴史って本当に面白いですよね~!

今後もランキングにはこだわって良い記事をUPしたいと思いますので宜しくお願い致します(^人^)
下の日本人気ブログランキングバナー・ブログ村の日本史バナー・Blogramバナー・FC2ブログランキングバナー「ぽちぽち」と、クリックして頂けましたら嬉しいです。

ブログランキングならblogram

リュミエールブラン ネージュ

コメント

非公開コメント