2015/10/29

備前焼きまつり最終便!購入リストです。

さて、備前焼きまつりのブログも最後をかざって、私の購入リストのご紹介です。

其では、『市郎右衛門』の日本歴史ブログをお楽しみくださいね(人´ω`*).☆.。
ブログランキングならblogram
👆絶賛ランキング参加中!四つのバナータグを「 ぽちっと」クリックして応援お願いします。
|o´艸)。oO(Thank you)。

バナーをクリックしますと、ランキングページに移動します。そこで慌てないでくださいね~!有難いことに現在、市郎右衛門のブログは、皆さんのお陰でランキングTOP10にINしておりますので、「高天原の縁側日記」をもう一度クリックして頂きますと、元のブログに戻ります(^人^)。


備前焼き購入リスト
二日間、足にマメを作りながらこれだけ?と思われるかも知れませんが、だからこそ私には、価値のある品々です。

まず、ボタ窯変丸皿、作陶は松井浩之さんです。一日目から浩之さんの作品は気になっていたのですが、二日目にお邪魔したさいの丁寧な説明と、笑顔に惹かれて購入してしまいました(笑)後で調べると、お父様の松井與之さんは岡山県重要無形文化財の有名作家さんでした。無知なわたくしをおゆしください。

浩之さんの作品は、作風が近代的で、青い器や銀彩が素敵で、作品に引き込まれてしまいました。

にもかかわらず、伝統的な?ぼた丸皿を選んだのは、妻に「私の作る陶器は食洗機に入らないから手洗いが大変」といつも愚痴を言われているからです。

宏之さんの奥様がアイデアを出されたとか?主婦目線の、普段使いの食器の中に備前焼き陶器の素朴な美しさが出ていて素敵ですね

なんと経歴を拝見すると、年齢も私と同い年、お父様、浩之さん、息子さん、ご一家合わせて、これからも応援させていただきます。

次に、右のビアカップは以前から気にかけていた、竹中健次さんの作品です。
正直に申しまして、人気の作家さんなので購入できると思っていませんでした。

人間国宝の伊勢崎淳さんのお弟子さんで、備前焼の枠を超えているのでは?と常々思い、注目していました。
備前の白い土に織部釉の綺麗なグリーンがかかった美しい器や、ぐい飲みの削りカットにけれんみがなくて素敵なんですよ。

私でも購入できる金額だったのと、カップのグラデーションが素敵で、ビールを飲めないにもかかわらず購入してしまいました。
こちらも妻が喜んでくれました。
備前ペンダント


最後は、本当に妻へのお土産で可愛らしい土のペンダントです。
伊勢崎競さんのお弟子さんで、若手の?石川泰二郎さんの作品です。

石川さんには申し訳なかったのですが、妻へのお土産ということで、可愛らしさだけ考えて購入いたしました。

しかしながら、縁とは不思議なもので、午後に同じペンダントをつけていらっしゃる、女性のお店にであいました。

入店してみると石川さんの経歴が!長身で美人な女性二人は奥様と妹さん(笑)?

備前焼は、土練3年、ろくろ10年とも言うようですが、応援致しますので、頑張って素敵な作品を作ってくださいね。

以上で2015年の私の備前焼きまつり報告は終了です。

購入金額はあえて記載しませんでした。作家の方々に失礼ですし、値切ったり、ご本人とのお話が楽しいんですよ、あのお話した作家さんが作られたのだと思えば、またそれも一興ですからね。

備前焼きでは、あとおふた方、気になっている作家さんがいらっしゃるのですが、今回は秘密です。

また機会がありましたら紹介いたします。

いつも応援、ありがとうございます(^人^)。
歴史って本当に面白いですよね~!

今後もランキングにはこだわって良い記事をUPしたいと思いますので宜しくお願い致します(^人^)
下の日本人気ブログランキングバナー・ブログ村の日本史バナー・Blogramバナー・FC2ブログランキングバナー「ぽちぽち」と、クリックして頂けましたら嬉しいです。

ブログランキングならblogram


リュミエールブラン ネージュ


コメント

非公開コメント