2017/10/02

「市郎右衛門」三年目を迎えるにあたり、『新たなる歴史』の境地へ向かう!

今日10月2日は二年前に初めてブログを書いた記念日です。つまり二周年記念日です。
私が「自分の考えを皆さんに伝えたい」と考え始めた理由について、少し書いておこうとおもいます。


『歴史』は、「今も執筆され続ける壮大な時の流れの物語」。
その大河を遡り、禁断のIFを推察する、スリルに満ちたエンターテイメント。深い河淵の底や、切り立った岩肌の上は、未だ解明されない多くの謎に満ちています。この、大長編スペクタクルストーリーに魅了されない人はいないですよね?(そこまで~大げさなものか~?笑)。

CIMG7483.jpg(三年目は清水の舞台から飛び降りたつもりで~!「清水寺」)

歴史好きの皆さん方、知識の点であった遠い記憶がある時、ふとつながって一本の線に変わり、改めて歴史物語の本質に気が付く楽しみを体験された事は有りませんか?私はあるのです。その時の素晴しい感動を皆さんに伝えたくて、ブログを書くという方法を選択肢から選びました。

それでは、『市郎右衛門』の日本史ブログをお楽しみ?くださいね(人´ω`*).☆.。
ブログランキングならblogram
👆絶賛ランキング参加中!四つのバナータグを「 ぽちっと」クリックして応援お願いします。
|o´艸)。oO(Thank you)。

バナーをクリックしますと、ランキングページに移動します。そこで慌てないでくださいね~!有難いことに現在、市郎右衛門のブログは、皆さんのお陰でランキングTOP10にINしておりますので、「高天原の縁側日記」をもう一度クリックして頂きますと、元のブログに戻ります(^人^)。

CROOZ


【生きるぞ~!】

CIMG0784.jpg(世界遺産の城も~!「白鷺城」)
CIMG7411.jpg(京都の大名所も~!「東福寺の紅葉」)
CIMG8118.jpg(国宝も~!「俵屋宗達の風神雷神図」)
CIMG7524.jpg(もちろん祇園のグルメも~!「八坂神社隣の有名甘味店」)
七年前(2010年)、一生涯付き合わなければならない心と体の病気にかかり、「このままでは一年は持たないと宣告されました。」
三ヶ月の入院中に私は、自分の残りの人生や将来について真剣に考えるようになりました。退院の後、リハビリや家族の支えもあって少しずつ回復した私は、まず寺社仏閣巡りを始めました。神仏にすがりたい気持ちも有ったでしょうし、子どもの頃からの夢だった歴史を勉強したいと思ったのです。

その寺社仏閣巡りの途中で出会った、自然・神話・歴史・文化・風俗・人々や祭、そして地方の美味しく珍しい食べ物や民芸品などなど、見るもの体感するもの全てが新鮮で、「私は生きている!いいや生きさせて頂いている。」と思え、日本の自然に対する感謝と祈りが、かけがえのないものだと考えるようになりました。

【今井雅之君の死】

_29MD005_[1]
(天国でも舞台で頑張ってるよね!)

そんな折、突然中学・高校と同級生だった俳優の、今井雅之君が、2015年5月28日に亡くなりました。皆さんもご存知だと思います。

彼の死は、勿論同級生の一人またファンの一人としても非常に残念んでなりませんでしたし、彼自身はもっとやりたい仕事が数多く有ったに違いありません。もしがあったならもっと偉大な俳優や作者となって、多くの作品を世に生み出していた事でしょう。しかし私は、「彼自身は自分の生きてきた人生にけっして後悔はしていない」のではないかと考えたのです。彼は一度たりとも振り返らず、自身が選んだ道を駆け抜けたのですから。

そして、彼の様な素晴らしい人生はとても送られないかもしれないが、私も今日一日を精一杯かんばって生き、今日はBETTERで、明日はよりBESTな一日を目指す、そんな人生を送りたいたいと考えるようになりました。

人間は、一呼吸する間にも新たな自分に生まれ変わります。ひと呼吸前の自分にはもう戻られないのです。だからこそ、その一瞬一瞬を大切に生きて行きたいと、考えるようになったのです。

そして何かの方法で、私の考えや自然への感謝や祈りを、共感出来る方々へ発信出来ないものかと考えて、「ブログを始めてみよう」と決心しました。当初は何を書いたら良いのか?本当にこれが自分の考えなのか?悩み、考えて苦労しました。もちろん、私の稚拙なブログなど見向きもされませんでしたし、三ヶ月はコメントも全く有りませんでした。

テーマを自分の好きな歴史としたことで、歴史に興味の無い皆さんには敬遠されたかもしれません。ランキング登録した当時は、自分のブログ名を探すのに苦労しました。(笑)

【友達ができた~!】

CIMG8613.jpg(名山も!「高山植物の向こうに大山山頂」)
DSC_0226.jpg(神様も!「出雲大社の大国主」)
P5190133.jpg(偉大な古墳も!「箸墓古墳」)
P5210798.jpg(大偉人も!「法隆寺」)

ある日、「同じ但馬の出身なのですが…」とコメントが来ました。うれしかったですね~こんなブログでも見てくれている人が居たんだなと感動すら覚えました。今では親友を言ってよいと感じるほどになった彼は、皆さんご存知の◝( ꒪౪꒪)◜ケケケ…のtaka:aさんです。taka:aさんは私に、多くのブログ友達を紹介してくれました。そのブロガー皆さんの熱意と真摯なブログへの思いにKOされた私はもっともっと頑張らなければと心に誓ったのです。

もちろんつらい日もありました。私のポリシーはフィールドワーク!体験した場所・物以外は書かないことにしているのです。当然「歴史」が基本テーマですから実際に時代を体験することはできません。ですからデータはどうしてもWikipediaやパンフレットなどに頼らざるを得ません、その代わりに私が現地で実際に感じた事や写真を皆さんにご紹介したいのです。写真一枚撮り忘れたために現地に二度三度と通ったこともありました。

彼らブログ友達の皆さんが居なければ、今日という日は迎えられなかったと思います。感謝してもしきれないほどです。

【ネットに載った~!】

先日メールを頂きました。レバレジーズ株式会社の社員の方が私の記事を使いたいとオファーがありました。全く知らない会社ですし、web検索して驚きました~(笑)

『レバレジーズ株式会社』ベストベンチャー企業100に選ばれる凄い会社でした(-"-;A ...アセアセ

社長さんは38歳の岩槻 知秀三さんです(お若いですね)。
ビジョンは「最も付加価値が高く、競争優位性の高い企業になる」企業目標「Win-Winの理念を通して、関係者全員が幸せになること」 事業内容は「システムソリューション・人材関連コンサルティング・自社メディア事業及び新規事業」
あの、東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ17F に本社を持ち、資本金、5,000万円 財務情報・2016年4月期実績 194億円 (ひょえ~驚)

そのレバレジーズ株式会社さんが運営する介護士向けのwebサイト「きらッコノート」に記事を載せていた抱きました。
これで利用者さんとの会話のネタ不足解消♪介護士さんにも始めてほしい「カルチャー系趣味」の記事まとめ。一番最後なので、担当者もやめとこかな~とか悩まれたと思いますよ(笑)

それに、私のテーマである日本史で無いのが残念ですが、成果が出ているのだなと実感した出来事でした。直前に父が倒れ介護が必要になった事もあわせて、めぐり合わせかな?と感じますね。

【もちろん最後は歴史でね】

上杉鷹山[1]
(尊敬する上杉鷹山公も)

私が最も尊敬する歴史上の人物『上杉鷹山』をご紹介します。もちろんお会いしたことは無いので藤沢修平の歴史小説「漆の実のみのる国」からお話をさせていただきます。

まずその前に、J・F・ケネディご存知ですよね、アメリカ35代大統領です。JFKと短縮記憶していませんか?ジョン・フィッツジェラルド・ケネディが本名なんですよ、知ってましたか?。1961年、第35代米国大統領に就任したJ・F・ケネデ ィ、日本人記者団からこんな質問を受けました。「あなたが、日本で最も尊敬する政治家はだれですか?」ケネディはこう答えました。「上杉鷹山(ようざん)です。」記者の誰もが「上杉鷹山」を知らなかったといわれています(そんなわけ無いだろうとも思いますが)。

この話が、「言った」「言わない」で、都市伝説の様になっていましたが、2013年11月、娘のキャロライン・ケネディ元駐日大使が、「父が、米沢藩の名君上杉鷹山を尊敬していて、あの有名な就任演説、『国が人民になにができるかではなく、貴方が国家に対してなにができるか考えてほしい!』のスピーチ作成に影響を与えました。」と発言して、都市伝説に終止符が打たれました。

『上杉鷹山』と言えば 「為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり」 (やればできる。やらなければできない。何事も、できないのは人がやらないからだ)の名言で有名ですよね。

上杉治憲(鷹山)と重臣たちの苦闘を描いた藤沢修平の絶筆となった歴史小説「漆の実のみのる国」を是非読んでください。財政に窮乏し、風紀は乱れ、亡国の危機にある名門上杉家(上杉謙信以来の名門)米沢藩を再興するべく並々ならぬ努力を重ねる治憲。

長い辛苦の中に見える未来への光が感じられたにもかかわらず、彼らの苦闘が報われ、藩の窮乏から脱する様子が描かれていないことは残念でした(著者の病魔がそこまで来ていたのでしょう)。藩の困窮を救うはずだった漆の実とは、優秀な人材だったのではないでしょうか。

藩政改革から殖産振興に至るまでを示した、十六ヶ年組立と呼ばれる改革案(寛三の改革)を治憲に提出するまでを描き、鷹山と改名した治憲が、漆の実が藩の窮乏を救うという心躍った過去を思い返すところで幕が閉じられています。

解説によると、この三十七章が原稿用紙六枚分で終わっているのは、これが著者藤沢周平最後の原稿だからだそうです。 本来なら、あと四十から六十枚の予定だったといいますから、著者は光を浴びた米沢藩を描きたかったに違いない、と考えられています。



さて今日から三年目が始まります。もちろん今年はこれまで恐れ多くて避けていた史跡にも挑戦します。ブログ仲間に負けないように、今井君にも上杉鷹山にも負けないように頑張りますのでよろしくお願いたします。
「為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり」

P1080087.jpg(妖怪のように食べつくす所存!笑、よろしくお願い仕りまする。)

いつも応援、ありがとうございます(^人^)。
歴史って本当に面白いですよね~!
今後もランキングにはこだわって良い記事をUPしたいと思います。はげみになりますので宜しくお願い致します(^人^)
下の日本人気ブログランキングバナー・ブログ村の日本史バナー・Blogramバナー・FC2ブログランキングバナー「ポチっと」と、クリックして頂けましたら嬉しいです。

ブログランキングならblogram

リュミエールブラン ネージュ

2015/10/03

お恥ずかしいですが、『市良右衛門』ブロクを始めることにしました!

市良右衛門
(太ってイメージが違いますけど)

兵庫県北部、但馬生まれの私、『市良右衛門』が大好きな歴史とこだわりの趣味ブログ「高天原の縁側日記」を始めることにしました。

何にでも、すぐに興味を持ってしまう私、これは面白い!と思うお話に、出会っていただけたら嬉しく思います。

其では、『市郎右衛門』の日本歴史ブログをお楽しみくださいね(人´ω`*).☆.。
ブログランキングならblogram
👆絶賛ランキング参加中!四つのバナータグを「 ぽちっと」クリックして応援お願いします。
|o´艸)。oO(Thank you)。

バナーをクリックしますと、ランキングページに移動します。そこで慌てないでくださいね~!現在有難いことに、市郎右衛門のブログは、皆さんのお陰でランキングTOP10にINしておりますので、「高天原の縁側日記」をもう一度クリックして頂きますと、元のブログに戻ります(^人^)。




いつも応援、ありがとうございます(^人^)。
歴史って本当に面白いですよね~!

今後もランキングにはこだわって良い記事をUPしたいと思いますので宜しくお願い致します(^人^)
下の日本人気ブログランキングバナー・ブログ村の日本史バナー・Blogramバナー・FC2ブログランキングバナー「ぽちぽち」と、クリックして頂けましたら嬉しいです。

ブログランキングならblogram







2015/10/02

御挨拶『ブログを始めるに当たり』

ブログを通して「自分の考えを皆さんに伝えたい」と考え始めた理由について、少し書いておこうとおもいます。

六年前(2010年)、一生涯付き合わなければならない病気にかかり、自分の残りの人生や将来について考えるようになりました。

回復を待って、歴史好きの私は、まず寺社仏閣巡りを始めました。

その途中で、出会った、自然、神話や歴史、文化、風俗、そして地方の美味しく珍しい食べ物や民芸品、そして人々や祭!

「私は生きている!いいや生かさせて頂いている。」

自然に対する感謝と祈りが、かけがえのないものだと考えるようになりました。

そんな折、中学・高校と同級生だった俳優の今井雅之君が、2015年5月28日に亡くなりました。

彼の死は、勿論同級生の一人としては非常に残念んでなりませんでしたし、彼自身はもっとやりたい仕事が、数多く有ったに違いありません、しかしながら私は、「彼自身は自分の生きてきた人生に後悔は無かった」のではないか、とおもうのです。

そして、彼の様な素晴らしい人生は送られないかもしれないが、私も今日一日をかんばって生きて、今日はBETTERで、明日はよりBESTな一日を目指す、人生を送りたいたいと考えるようになりました。

人間は、一呼吸の間にも新たな自分に生まれ変わります。ひと呼吸前の自分にはもう戻られないのです。
だからこそ、その一瞬一瞬を大切に生きて行ければ
、と考えるようになったのです。

そして何かの方法で、私の考えや自然への感謝、祈りを共感出来る方々へ発信できればと考えて、「ブログを始めよう」と決心しました。

稚拙な文章で、皆んを退屈させてしまうかもしれませんが、何かしら感じて頂けましたらうれしいのですが。

いつも応援、ありがとうございます(^人^)。
歴史って本当に面白いですよね~!

今後もランキングにはこだわって良い記事をUPしたいと思いますので宜しくお願い致します(^人^)
下の日本人気ブログランキングバナー・ブログ村の日本史バナー・Blogramバナー・FC2ブログランキングバナー「ぽちぽち」と、クリックして頂けましたら嬉しいです。

ブログランキングならblogram