2016/03/27

不老不死が実現する?

不老不死不老長寿のお話をUPさせて頂いたので、現実の科学のお話も少ししましょう。

さまざまな細胞や組織に成る能力がある胚性幹細胞(ES細胞)が老化しない仕組みを、あの(笑)理科学研究所多細胞システム形成研究センターの研究チームが確認しました。

通常の細胞は分裂のたびに染色体末端の「テロメア」が少しずつ短く成ることで老化します。
更には、テロメアが一定の長さに短く成ると分裂も止まってしまいます。

一方、幹細胞や生殖細胞、癌細胞では、特定の酵素や蛋白質が働き、長さを保つようにテロメアを修復。細胞は半永久的に老化せず、分裂も続く事が知られていました。

今回、研究チームはマウスのES細胞でテロメアを修復する働きがある「Zscan4」と呼ばれる蛋白質を観察して、テロメアが短い細胞ほど、 Zscan4が増えている事を確かめ、この現象が老化を防いでいることを裏付けました。

半永久的に再生を繰り返すES細胞
(半永久的に再生を切り返すES細胞、理化学研究所)

この老化を防ぐ原理を利用することで、将来的に人工多能性幹細胞(iPS細胞)の安定供給に応用出来る可能性が有るそうです。

胚性幹細胞(ES細胞)、人工多能性幹細胞(iPS細胞)難しいですよね、少し説明する写真を用意しました。

ESとiPS1

ESとiPS2

ESとiPS3

ESとiPS4

ESとiPS5
(わかりやすく説明されていると思いますが、汗)

私達が知りたいのは、この先のお話ですよね、もし老化しない、人工多能性幹細胞(iPS細胞)が作られて、体の細胞と交換出来るように成れば、寿命が100歳程延びるかも知れません。

いえいえ、不老不死・不老長寿はもう古い!もっと先の科学、若返りも可能になるかも知れません(笑)。

まあ、その前に私は死んでると思いますが!

ランキング参加しています。お立ち寄り記念に「ぽちっと」クリックお願いします。
👇👇👇👇👇👇
ブログランキングならblogram

2016/03/11

3・11のレクイエム「神戸淡路大震災」から「東日本大震災」へ

私こと、市良右衛門は、神戸市に住んでおりますが、阪神淡路大震災の時には、但馬の実家にまだ就職もせずに住んでおりましたので、我が家の小さな墓石が倒れた程度の被害ですみました。

東日本大震災の時にも、鳥取県米子市に単身赴任しており、何一つとして被害を受けることは有りませんでした。

神戸には震災後20年住んでおりますし、東北青森には学生時代も含めて、10年程住んで居りました。
幸いにも両震災では、何も被害を受けませんでしたが、神戸・東北共に第二の故郷とも呼べる、とても愛着の有る場所です。

それだけに、二年前の夏にお友達に「東日本大震災」の体験談を聞いて、衝撃と共に感銘を受けたので、是非皆さんにも知って、考えて頂きたいと思い、お友達の体験談を公開することにいたしました。

【2014年夏のレクイエム】はお友達の実体験の手記を記録したものです。

できる限りそのままの形で公開しますが、差しさわりのある名前などは少し訂正しました。

【2014年夏のレクイエム】
(文章の一人称はお友達のことです)

東日本大震災かぁ…。
思い出したく無くても、頭から離れない。
忘れたいけど、忘れちゃいけない。
いろいろ、酷いものも見ました。
でもあの時、多くの被災者はじっと耐え、規律を守り、乗り越えました。

ここからは、私の体験談です。
私の場合、被災者の中でも恵まれた方だったと思います。
面白い話しでは有りませんし、文章力も有りません。

大震災があったあの時、私は宮城の港町(海から100m 足らずのところ)で仕事をしていました。

一度目の揺れが止まり、従業員の安否確認をしようとしたとき、二度目のさらに大きな揺れに襲われました。
どちらもそれまの人生で体験した事が無いくらい、巨大な揺れでした。

程なくして津波警報が出され、私は近くの高台に避難しました。
回りには同じ様に避難してきた人・人・人。
皆着の身着のままの格好です。
3月でも冷え込む中、降り始めたみぞれは私達の体力を奪って行きました。

きっと大丈夫。
前の三陸沖地震でも大丈夫だった。
私の周りで年配の方々は、口をそろえておっしゃいました。

防災無線からは津波注意の声。
私も周りの人々も、家族への安否連絡のため携帯電話をかけようとしましたが、回線がパンクしていて、なかなか繋がりません。

やっと実家の母に電話が繋がり、大丈夫と伝えた時、防災無線から津波の予想高さが発表されました。
『津波の予想高さ10m』
私は耳を疑いました。

私達が居る高台はせいぜい8m 程です。
10m の津波なんて到底助かりません。
私はあの時、初めて死を意識し、そして覚悟しました。

多分、母にかけていた電話の声は震えていたでしょう。
私は最悪の事態も有りうる事、私に万が一の事が起こり、私の飼い猫が助かった場合猫の事を頼み、これ迄の感謝を母に告げ、最後まで生きる為に足掻く事を約束して、電話を切りました。

高台では少しでも高い場所へと人が殺到しています。
一人の男性がその様を制し、赤子連れ、子供、老人を優先に高い場所を確保出来るように呼び掛けました。

さすが日本人です。
その男性に従い、皆場所を譲ります。
第一波到達。
第二波到達... 津波の到達が度々報告されるなか、私は自分達の避難場所に津波が来ない事を不思議に感じました。

その時津波は湾の入り口にいた私達の場所ではなく、湾の奥にある市街地に、濁流となってなだれ込んでいたのです。

夕闇が降り始め、津波が高台まで来ないと判断した私は、帰宅するためのルートを考え始めました。

幸い、会社に置いてきた車は無事。
丘と山を抜けて行けば... 猫の安否が気がかりで、私の頭には避難所という考えは有りませんでした。
真っ暗になった道を車のライトだけで走ります。
電気も止まって、左右は全く見えません。
道は、でこぼこの起伏があり、さらには道路を一本違えたら津波に遭遇するという、恐怖の中を運転しました。

実際、水没した道路を確認する度に、迂回しながら、ようやく自宅(高台にあるマンション6階)にたどり着き、怯えていた愛猫をみたとき、緊張の糸が切れて涙が溢れ出てきました。

翌日、変わり果てた町を歩き会社に行きました。
市街地では2m 以上の浸水。
港には打ち上げられた大型漁船。
えぐられた堤防。
傾いた道路。
津波で流され重なった車。
倒壊した建物。
これ迄当たり前だったものが、自然の前ではこうも脆いのか...

それから3週間。
水、電気の使えない生活(ガスは使えました)。
猫と居るため避難所に行かなかった私は、露店のような仮設の闇市みたいな所(お値段は2~3倍です)で食料を買い、ガスや塩で保存食を作り、細々と生活していきました。

オチも何も有りません。
失ったもの、得たもの、変わったもの、私の中でいろいろあります。
たかがこの程度ですが、最後まで読んで下さった方々に感謝を致します。

震災の話は、被災地に居る限り話す事は無いと思うし、話すべきで無いとも思います。
でも誰かに聞いて欲しいと思う矛盾も抱えてます。
ですから少しだけ?お話ししました。

今では、少しずつですが、海岸沿いにも家が建って来ました。
人間は強いです。

三陸の基幹産業は漁業です。
行政の復興は少しも進まない中でも、漁師さん中心に被災者の皆は必死に頑張っています。

緊急セットは準備しておいて下さい。
私は震災以降、3日分位の私の食料と2週間位の猫の食料を常備してます。
いざというときの為に是非皆さんも考えて下さい。

私個人は、被災者としては、望むべくも無いぐらい恵まれてました。
家族を失わず、家を失わず、仕事も失いませんでした。

あの震災おかげで、精神的に強くもなり、また弱くもなりました。

まだまだ宮城県でも立ち直れていない人はたくさんおられます。
岩手県や福島県でも同じでしょう。

しかしながら、私は、そんな人達が前を向いて進める様に、あるいは前を向けた時のために、活気ある街に戻して行きたいと考えます。

私に出来ることはとても小さくとても少ないと思いますが。


【友人の体験談はこれで終わりです】

私(市良右衛門)は阪神淡路大震災の時、神戸に住んでは居なかったけど、テレビ映像に「神戸は壊滅した!」と感じたのを記憶しています!
阪神高速が潰れ、長田が炎に包まれている映像は、私の脳裏に焼き付き今でもはっきりと思い出す事ができます。

其から20年!月日が神戸を元の美しい街に戻しています。

桜1(復興した神戸は満開の八重桜のイメージです)

東日本大震災で最初に見た映像は、宮城空港が津波に呑み込まれる映像でした。

未曾有の大災害!しかしながら、私は神戸と同じように、東北地方の復興を信じて疑いません。

日本人(ここで私が言う日本人とは、法律や書類上ではなく、この美しい山々や河、森や海に対して畏敬の念を感じる精神性を持つ人々の事です)は必ずそれを成し遂げるでしよう。

ある外国人宣教師が、自衛隊の給水を並んで整然と待つ被災者を「まるでキリストのパンを待つ聖者の行列に見えた」と世界に配信していました。

今正に、自分がどうなるか解らない状況に置かれた時!何を成すべきか?その答えがお友達の手記の中に有ると思います。

私には何も出来そうに有りませんが、大丈夫!お友達や私の大好きな東北は、
石割り桜 の様に、必ずや石を割って咲き誇ることを信じて疑いません。

昨日アップした「壬生義士伝」の中にこんな台詞が有ります。

「ええか、みな良ぐ聞け。南部盛岡は江戸より百二十里、奥州街道の涯ゆえ、西国のごとき実りはあり申さぬ。おぬしらが豊かな西国の子らに伍して身をばたて、国ば保つのは並大抵のことではねえぞ。盛岡の桜は石ば割って咲ぐ。盛岡の辛夷は、ほれ見よ、北さ向いて咲ぐではねえか。 んだば、おぬしらもぬくぬくと春ば来るのを待つではねえぞ。南部の武士はらば、みごと石はば割って咲げ。盛岡の子だれば、北さ向いて咲げ。春に先駆け、世にも人にも先駆けで、あっぱれな花こば咲かせてみよ」

桜2(盛岡は純白の桜をイメージします)


私の知人の東北人は、私が持っていたイメージとは全く違う、ポジティブな方ばかりです。
時間は掛かるかもしれませんが、必ず復興は成し遂げられると信じております。

桜3(私の知る東北の桜はソメイヨシノと違って緑の葉と共に花開きます

東北で被災された方々に、神戸より心からのエールを送りたいと思います。

ランキング参加しています。お立ち寄り記念に「ぽちっと」クリックお願いします。
👇👇👇👇👇👇

にほんブログ村
2016/01/01

「あけましておめでとうございます!」同じ趣味のブロ友募集中!

あけましておめでとうございます。

元旦も仕事です。大阪箕面の初日の出をどうぞご覧ください。

2016年も「大倭豊秋津島」浪漫紀行をよろしくお願いいたします。



にほんブログ村
2015/11/16

白い杖のおばあさんと少女(日本の未来も捨てたもんじゃ無いね)

11月15日、近くのダイエーに買い物に行きました。

娘二人とマクドナルドで、昼食を買って帰る事になり、店内で注文した後に、入口辺りで待っていると、私の隣の自動ドアが開く音がしました。

別に気にも止め無かったのですが、小学高学年位の女の子が近くのデーブル席から立ち上がり、こちらに近づいて来ました。

その女の子は、私の隣に来ると 「おばあさん大丈夫ですか?なにかお手伝いしましょうか?」 と、私の隣にいた人物に声を掛けたんです。

その時初めて私は、その方がお年寄りのおばあさんで、白い杖を持っておられる事に気づきました。

そのおばあさんは、自動ドアが空いたものの、そこが何処か解らず立ち止まり、時間経過で閉じてしまう自動ドアに難儀されていたようです。

「ここは何処ですか?」 「3階のマクドナルドですよ」 「それなら他へ参ります。」 「どちらにいかれますか?ご一緒しましょうか?」 「大丈夫よ、ありがとう。」 この会話の間、その少女はドアセンサーに手をやって、ドアが閉じないように気をつけていたのです。

おばあさんは、店を出て反対の方向へ、女の子は暫く、彼女を眺めていましたが、もう一度近くに行って、何か話をしたあと、自分の腕をおばあさんに持って貰い、他の方向へ誘導したようでした。

その時、私の注文した商品番号が呼ばれ、品物を受け取った私は、二人の娘達と帰ることに成りました。

二人の娘に、先程の女の子の話をすると、次女は気が付いていた様子で「凄ね!なかなか出来ないよね」と、長女はスマホに夢中で、全く気付かず(笑)。

二人の娘に、あの女の子の様に、優い女性に成長してくれよと願うと共に、 『日本の未来も捨てたもんじゃない』 と思いつつ、爽やかな風が心を吹き抜けた、日曜日午後のひと時に成りました。

ランキング登録しています。お立ちより記念に「ぽちっと」クリックお願いします。
👇👇👇👇👇👇
ブログランキングならblogram